画像: KOされた大沢が反則勝ち。横山は予告通りに里見をKO【9・16 K-1 KRUSH】

KOされた大沢が反則勝ち。横山は予告通りに里見をKO【9・16 K-1 KRUSH】

ワンが頭を抱え強烈なヒザ蹴りも...K-1ルールでは反則
「K-1 KRUSH FIGHT.105」(9月16日、東京・後楽園ホール)でライト級のワンマッチが2試合行われた。
昨年末の大阪大会で行われた「K-1ライト級世界最強決定トーナメント」の準優勝者・大沢文也が中国のワン・ジーウェイと対戦した。
大沢は当初は7月の日中対抗戦で卜部功也をKOしたジュー・シュアイと対戦予定だったがジューのケガで対戦相手がワンに変更。前日会見では「強い相手に変更になった」とぼやきながらも「明日は僕がメインだと思っている」と意気込み、この日の試合に臨んだ。
大沢は1R序盤から飛び込んでの左フックをヒットさせるなど軽快な動きを見せる。ワンも飛びヒザで応戦するなど好勝負の予感が漂った。しかし大沢が前に出たところで、ワンがヒザを大沢の顔面に突き上げると大沢は前のめりにダウン。
ここでレフェリーがタイムを要求したのだが、ゴングが鳴らされてしまうアクシデント。
K-1グループのルールでは頭を抱え込んでの攻撃は反則となることから、映像で確認したところ、ワンがパンチの流れで頭を抱え込む形になり、そこでヒザ蹴りを放ってしまったことが確認され反則となった。
大沢は「今の試合は僕の負けです。僕の勝ちじゃありません」
大沢は立ち上がり試合続行の意思を見せたがKOされていることから、レフェリーは試合続行は不可能と判断し、大沢の反則勝ちとなった。
大沢は判定が下った後にマイクを持ち「今の試合は僕の負けです。僕の勝ちじゃありません。連休の最後に来てもらったのにこんな試合しちゃってすみませんでした。対戦したジーウェイ選手、必ず再戦でやらせて頂いてもいいでしょうか。僕の反則勝ちになったけど、僕の負けなので、ジーウェイ選手を責めないでください」などと話した。
試合後の会見でも「試合のことは覚えてない。どんなふうにやられたんですか? セコンドからもお前の負けだと言われているんで、この試合は僕の反則勝ちじゃない。僕の負けです」と改めて話した。
横山「次、タイトルマッチお願いします」
里見柚己vs横山巧の一戦は1R2分47秒、KOで横山が勝利を収めた。
「サウスポーには負けたことがない」と豪語した横山はその言葉の通り、序盤から右フック、右ハイ、右ボディーブロー、二段蹴りの左ハイと多彩な攻撃で里見を翻弄。里見も左のストレート、ミドルキックで反撃するも横山は余裕で受け流す。
里見が踏み込んで左のミドルを放ったところで横山の左フックがカウンターでズバリ。最初のダウンを奪う。
そして立ち上がった里見に横山が一気にラッシュ。なんとかこのラウンドをしのごうとガードを固めて、逃げる里見だったが、横山のパンチは止まらない。最後はコーナーに詰めた里見のボディーに強烈な左ボディーを叩き込むと里見はたまらずダウン。レフェリーが試合を止めた。
横山は試合後のリングで「僕が言うことはただ一つです。次、タイトルマッチお願いします」とタイトル挑戦をアピールした。
「K-1 KRUSH FIGHT.105」(9月16日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R
△八木正樹(ジムWSRフェアテックス三ノ輪)(判定0-1=28-29、29-29、29-29)水津空良(優弥道場)三角
◆プレリミナリーファイト第2試合 K-1 KRUSH FIGHTバンタム級/3分3R
◯藤田和希(K-1ジム目黒TEAM TIGER)(判定2-0=30-29、29-29、30-29)鈴木力也(K-1ジム総本部チームペガサス)●
◆プレリミナリーファイト第3試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R
◯足利和正(TEAM Aimhigh)(3R2分19秒、KO)藤田義文(優弥道場)●
◆第1試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
●倉崎昌史(GET OVER)(判定2-1イコール30-29、29-30、30-29)安達元貴(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)◯
◆第2試合 K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
●竹内悠希(K-1ジム五反田チームキングス)(1R41秒、KO)関川和将(DTS GYM)◯
◆第3試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
◯寺島 輝(TANG TANG FIGHT CLUB)(1R1分59秒、KO)周藤亮太(Fighting Kairos)●
◆第4試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R
●山際和希(谷山ジム)(延長判定1-2 ※本戦0-0=30-30、29-29、29-29)松本篤人(バンゲリングベイ・スピリット)◯
◆第5試合 K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
◯伊澤波人(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(延長判定3-0イコール10-8、10-8、10-8 ※本戦0-1=29-30、29-29、29-29)髙橋直輝(若獅子会館)●
◆第6試合 K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
●友尊(TEAM K/BLUE DOG GYM)(1R1分52秒、KO)西元也史(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)◯
◆第7試合 K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
●里見 柚己(K-1 GYM横浜infinity)(1R2分47秒、KO)横山 巧(リーブルロア)◯
◆セミファイナル(第8試合) K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
◯大沢 文也(TANG TANG FIGHT CLUB)(1R2分21秒、反則)ワン・ジーウェイ(中国/遼寧創新ジム)●
◆メインイベント(第9試合) K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
●西京佑馬(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定2-0=29-28、29-29、30-28)レオナ・ペタス(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)◯

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.