画像: 松井珠理奈がサポーター就任。青木真也は八木沼純子に「先輩、話が長いです」【10・13 ONE】

松井珠理奈がサポーター就任。青木真也は八木沼純子に「先輩、話が長いです」【10・13 ONE】

修斗とパンクラスの対抗戦を4試合開催
ONEチャンピオンシップの日本における第2弾大会となる「ONE: CENTURY 世紀」(10月13日、東京・両国国技館)に出場する青木真也をはじめとした日本人選手10人が9月17日、都内で開催された会見に出席した。
同大会は9時からの第1部と17時からの第2部によるダブルヘッダーで、11試合ずつの計22試合が行われる。第2部にはアウンラ・ンサンvsブランドン・ベラのライトヘビー級戦をはじめ世界戦が4試合、「修斗vsパンクラス王者対決」が4試合と豪華なカードがずらりと並ぶ。青木真也とV.V Meiこと山口芽衣もワンマッチで出場する。
この日の会見は二部制で行われ、第一部に出席した修斗の坂本一弘サステイン代表は対抗戦について「互いに老舗といわれている団体だと思う。修斗のほうが少し古くて、私の師匠の初代タイガーマスクの佐山聡が作ったのが修斗。その後にパンクラスさんが出てきた。これはもう、選手のプライド、団体のというより選手のプライドをかけた戦いだと思う。そこは彼らチャンピオンにすべてを任せて、胸を張って修斗の代表として戦ってきてもらいたいと思っています。そういった機会を与えてくれたこと。そして5万ドルという賞金をかけてくれたこと。そこにチャンピオンに対するリスペクトを感じているので、その期待に応えられるファイトを見せてもらいたいというのが私の思いです」
パンクラスの酒井正和代表は「パンクラスは26年の歴史がありつつ、ハイブリッドレスリングということで新しいもの、アスリートとしていろいろなチャレンジをやってきた。その中で国際戦もだいぶやっている。今までもパンクラスを経由して世界で戦って成功を収めているアスリートもいる。そういった意味ではパンクラスは世界で通用するアスリートを育成している場でもある。それをいかんなく発揮して証明する。日本の最強を決めるという意味ではいい場になるのではないかと思う」などとそれぞれこの対抗戦への思いを語った。
この一部ではONEのeスポーツに対する取り組みについてもONE Esports社長のカルロス・アリムラン氏が説明した。ONEでは両国大会に先駆け「ONE Martial Arts Fan Fest」を10月5、6の2日間にわたって開催。ONEアスリートのオープン・ワークアウトやファンミーティングの他に、5日には「ONE TEKKEN トーキョー・インビテーショナル」、6日には「ONE STREET FIGHTER トーキョー・チャレンジ」の2つのeスポーツイベントを開催する。
またONEチャンピオンシップのチャトリ・シットヨートン会長は来年は日本で4大会を予定していることを明かし、オリンピックが開催されることから東京以外での開催の可能性もあることを示唆した。
松井珠理奈「涙が出るほど日本の選手の皆さんに感動を頂いた」
第二部には大会出場選手10人とサポーターを務めるSKE48の松井珠理奈、スポーツキャスターで五輪メダリストの荻原次晴氏、プロフィギュアスケーターでスポーツコメンテーターの八木沼純子、タレントの照英、ダンテ・カーヴァーが参加した。
松井は「今回、このサポーターをやらせていただくにあたって、まずは海外での試合を見たいと思いました。海外で日本の選手のみなさんはどういうふうに戦っているんだろう? 心細くないのかな? 寂しくないのかな?とか、いろいろな気持ちになりながら見ていました。気が付いたら本当に涙が出るほど日本の選手の皆さんに感動を頂いて、自分もどんな世界でも絶対にあきらめずに頑張ろうって、そんなパワーを頂きました。今回、日本の大会でサポーターを務めさせていただくのですが、日本だけにとどまらず全世界に向けてONEの素晴らしさやONEファミリーをお届けして、たくさんのファンの方がファミリーになっていただけるようにアピールしてサポートしていけたら」などと挨拶。大会当日は「朝は名古屋で握手会があるので、急いで新幹線に乗って夜の試合を見させていただきたいと思っています。移動中の朝の試合も見ます」とのこと。
仙三のアドレナリントークを「お前はそれでいいや」で強制終了
こちらの会見で異彩を放ったのはやはり青木真也。
青木は冒頭「3月から6カ月ぶりの日本大会なんですが、自分自身、この相手とこの試合順でやること、またここで試合を組まれることに皆さんのお陰だと感謝しています。ただ自分自身まだまだここで満足はしていないし、自分自身の可能性、境界なき、そして限界なき闘魂を見せて、次につなげたいと思います」と大会に向けての思いを語った。
隣に座った荻原氏の「青木さんは大学の後輩なんです」というセリフには恐縮しきりだったのだが、その後のトークセッションでは同じく早大の先輩にあたる八木沼には「先輩はさっきから教科書通りのことしか言わない」「話が長い」などと突っ込みまくる。
10・12大会は二部制で行われ、第一部は午前9時スタート。その第1試合に出場する仙三の「4時くらいに起きようと思っている。寝るのは7時くらい...。朝からでもアドレナリンは出せるんで」といった言葉に松井が「青木さんだったら何時に起きますか?」と振ると「寝ないんじゃない? 戦うのが仕事だから変わらないでしょ?」「アドレナリンは関係ないと思うんだけどさ」などと答えると仙三は「朝からでもアドレナリンは出せるんで。はい」となおもアドレナリントーク。これには青木はアントニオ猪木の名言「お前はそれでいいや」で強制終了。八木沼が自らの経験から「時差がないから大丈夫だと思う」と言うと「先輩はいちいち教科書通りのコメントしますね。ずっと思ってたんですけど」「短めに。さっきも話が長かったから」と随所に青木節を散りばめ会見を進行させた。
しかし最後は「ONEがこうやって日本で大きくなる前から活動させてもらっているのはたまたまというか、ありがたい話であるが、僕自身がやっていることと他の選手がやっていることは全く別物だととらえています。僕自身は格闘技を使って僕自身の物語を伝えていくということをONEに来る前からずっとやってきているので、僕のやり方は僕のやり方で、皆さんのやり方は皆さんのやり方があっていいと思っています。そこには上下もいいも悪いもなしです」などと自らの格闘技やONEに対する向き合い方を話し会見を締めくくった。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.