画像: 香取慎吾、クリスマスは「子どもと奥さんと...」!? ファミマと本気のケーキ

香取慎吾、クリスマスは「子どもと奥さんと...」!? ファミマと本気のケーキ

香取慎吾が17日、都内で行われた「ファミリーマート ファミクリをヨヤクリ! クリスマスイベント」に登壇した。今年もファミリーマートとタッグを組み、クリスマスケーキ「SHINGO to クリスマス! いちごとプリンのおいし~い!! ショートケーキ」をプロデュース。「思った通りにできて、味も見た目も、みなさんにクリスマスを喜んでもらえるものになったと思う」と、胸を張った。
サンタクロース姿の香取は、自身がデザインしたケーキの箱から飛び出して登場。司会者が「今日は慎吾サンタで来ていただきました」と改めて紹介すると、香取は「慎吾サンタです! いつまでもこんな格好をしていられたらと子どものころから思っていて、本当にそんなふうになっていてうれしいです」。すると、カメラマンに目をやり「......すごく笑ってカメラを撮ってくれている前のおじさん、(自分と)同い年ぐらいだと思うんですよね」と、笑った。
「SHINGO to クリスマス! いちごとプリンのおいし~い!! ショートケーキ」は、香取自ら企画・開発・デザインまで関わっており、カタログ上でも「本当に作った」と強調されている。
「いろんな新しいことに挑戦させていただいているなかでも、クリスマスケーキを作らせていただけるとは思わなかった。打ち合わせを何度もさせていただて、何十年もスイーツを作っていた経験もあって、それがすごい役にたった。アイデアをいろいろ言ったら、いいですね!とか、素敵です!とか、大人の社交的な声にほめあげられて、作りました」。
「クリスマスはショートケーキがいいと思って。味にもこだわりたかった」と、香取。スポンジのなかは、ケーキの中央にプリン、その外側に苺のムースがあり、カットして中央から外に食べ進めていくことで味が変わっていくのが特徴で、「真剣に考えた」と胸を張る。また、「食べ終わっても残ったらいいな」と考え、ケーキの上のツリーの飾りもオリジナルで制作している。
「思った通りにできて、味も見た目も、みなさんにクリスマスを喜んでもらえるものになったと思う」と、香取。「クリスマスっていうのは大事なハッピーな瞬間。自分の作ったケーキを、家族のみなさん、恋人、子どもたちにいろんな方に食べてもらえると思うと自分も幸せです」と、笑顔を見せた。
今年のクリスマスの予定について聞かれると、香取は「......そうですね、このケーキとともに、家で子どもと奥さんと一緒に過ごしたいと思います」。一呼吸おいて、報道陣からパラパラと笑い声があがると、「......あの、すごいなんか、失笑みたいな(笑)。ハッハッハッって(笑)」。孫とホームパーティーをするという社長の計画に合流しようかという話になったが、最後は香取と社長2人で「社交辞令で」と笑って締めくくった。
ファミリーマートでは、クリスマスケーキ、チキン、オードブルやサラダなどの予約受付は9月21日にスタートする。「SHINGO to クリスマス! いちごとプリンのおいし~い!! ショートケーキ」は数量限定。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.