画像: 世界一臭い「シュールストレミング」や「くさや」も!臭くて旨いグルメイベント「くさうまレストラン」がすごい

世界一臭い「シュールストレミング」や「くさや」も!臭くて旨いグルメイベント「くさうまレストラン」がすごい

世界各国の臭くておいしい食材を使用した日本初のグルメイベント「くさうまレストラン」が21日、都内で開催された。世界一臭い缶詰といわれるスウェーデンのニシンの塩漬け「シュールストレミング」や青魚やトビウオをくさや液に漬けて干物にした伊豆諸島の特産品「くさや」など、独特の臭いを放ちながらもクセになる発酵食材をメインにした創作料理の数々をビュッフェ形式で楽しめる。会場は参加者にしか明かされないなど、一風変わったイベント。
会場に到着すると、すでにカウンターにはくさうま料理の数々が並ぶ。滋賀県の郷土料理である鮒ずしをモッツァレラチーズと合わせた「鮒寿司のカプレーゼ仕立て」、フランスで2番目に臭いといわれるエポワス・ド・ブルゴーニュを使った「ウォッシュチーズと無花果のクロスティーニ サラダ仕立て」、納豆のような粘り気と臭いの韓国の大豆発酵調味料「チョングッチャンのビビンバ風」、豆腐を発酵液に漬けた台湾の発酵食材「臭豆腐のフリット 自家製パクチーソース」。
ウォッシュチーズはもともと記者が好きだということもあるが、臭豆腐はカリカリに揚げられるなど臭いを抑えておいしく食べられる調理法で仕上げられ、想像したほど臭いは気にならない。この4種を臭い順に並べると1鮒ずし、2チョングッチャン、3ウォッシュチーズ、4臭豆腐といったところか。
続いて「世界一臭いシュールストレミングミニバーガー」と「くさやのラグーラザニア」が登場。
シュールストレミングは少量をマッシュポテトで包み、明らかに臭いが漏れない工夫がされていたが、さすがにそれでも臭かった。さらにくさやに至っては、かなり思い切った量が入っており、ラグーソースをぶっちぎってくさやの一人勝ち状態である。記者の感じた臭いランキングは1くさや、2鮒ずし、3シュールストレミング、4チョングッチャン、5ウォッシュチーズ、6臭豆腐に決定した。
それよりも強烈だったのは、開封したシュールストレミングの「直嗅ぎスポット」である。記者が撮影場所として確保したのが、スポットから1メートルほどのテーブルだったこともあり、誰かが開けるたびに涙が出るほど臭かった。「トイレに半年居続けた臭い......」とか「私の小さい頃にはバキュームカーがあって、まさにそれ」とか、人びとが感想を言っては消臭剤を大量にまいていた。これでもイベント用に臭いを抑えているというのだから恐れ入る。
その後、くさうま食材を提供したメンバーによる「くさうまトークショー」が行なわれた。くさやの製造販売を行う藍ヶ江水産の加藤幸社長、滋賀県大津市で鮒ずしを製造販売する至誠庵の井上裕子社長、シュールストレミングの輸入を行う三幸貿易の伊藤謙部長、高円寺でチーズ喫茶「吾輩ハ山羊デアル」を経営しながらチーズを普及している“チーズ仙人”こと松田洋輔さんが登壇し、独特の臭いやおいしさの秘密、おいしい食べ方などを披露。
しかし、トークショー中には会場奥に下げられたはずのシュールストレミングから、時おり猛烈な刺激臭が漂い、意識が遠のいてしまう瞬間があった。臭いよ! 今回が初開催だが、今後定期的に開催する予定があるという「くさうまレストラン」。臭いも強いが旨みもすごい、クセになりそうな最恐のくさうま食材にもう一度会えるチャンスを心待ちにしよう。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.