画像: 王者・斎藤裕が12年ぶり修斗参戦の髙谷裕之に1RKO勝ち【9・22 修斗】

王者・斎藤裕が12年ぶり修斗参戦の髙谷裕之に1RKO勝ち【9・22 修斗】

ケンカ屋にパンチで打ち勝つ
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第7戦」(9月22日、東京・後楽園ホール)で世界フェザー級王者の斎藤裕が12年ぶりの修斗参戦となった髙谷裕之と対戦。1R1分17秒、KOで下し修斗世界王者の実力を見せつけた。
髙谷は7月大会で「若い世代に何か伝えられれば」と修斗参戦を表明。DREAMフェザー級王者という実績を誇る髙谷に修斗は最大の敬意を表し現世界王者の斎藤を用意した。
斎藤コールと髙谷コールが会場を二分する中、試合開始。1R開始早々に髙谷の左フックに会場が沸く。
斎藤のキックに髙谷がパンチを合わせる。しかし斎藤は慌てることなく、徐々に距離を詰めるとケージの中央で左右のストレートを連打。まともに食らった髙谷がバランスを崩したところでラッシュをかける。体勢を立て直した髙谷に首相撲からヒザ蹴りを叩き込むとケージに吹っ飛んだ髙谷になおもパンチの連打。必死にガードを固める髙谷だったが、ぐらりと体勢が崩れ、なおも斎藤がパンチの連打を浴びせたところでレフェリーが割って入り試合を止めた。
1R1分17秒という鮮やかなKOに会場が大きく沸いた。
マイクを握り「勝ったぞー!」
普段は寡黙な斎藤だったがマイクを握ると「勝ったぞー!」と雄叫び。そして「これだけたくさんの方々に応援してもらって、背中を押されて頑張りました。最高の声援でした。まだまだ上を目指してやっていきます」と会場のファンに感謝した。
斎藤は今年5月の修斗30周年記念大会でオランダのアギー・サルダリに苦杯をなめたが復活ののろしを上げた。
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO 30th ANNIVERSARY TOUR 第7戦」(9月22日、東京・後楽園ホール)
◆メインイベント 第8試合 環太平洋バンタム級チャンピオンシップ5分3R
△岡田 遼(王者・初防衛戦/パラエストラ千葉)(判定1-1=29-27、27-29、28-28)安藤達也(挑戦者・同級2位/無所属)
◆セミファイナル 第7試合 フェザー級5分3R
○斎藤 裕(同級世界王者/パラエストラ小岩)(1R1分17秒、KO)髙谷裕之(EXFIGHTFARM)●
◆第6試合 バンタム級5分3R
●魚井フルスイング(同級世界3位/和術慧舟會HEARTS)(判定1-2=30-29、28-30、28-29)田丸 匠(同級世界9位/NASCER DO SOL)○
◆第5試合 バンタム級5分3R
○藤井伸樹(同級世界8位/ALLIANCE)(判定3-0=30-26、29-28、30-27)齋藤 翼(総合格闘技津田沼道場/FIGHT FARM)●
◆第4試合 ストロー級5分3R
△猿丸ジュンジ(日本/同級世界3位/修斗GYM東京)(29-28、28-29、29-29)中川マイケル(アメリカ/Gracie Techinics)△
◆第3試合 ストロー級5分3R
○本田良介(同級世界5位/無所属)(判定2-1=28-29、30-28、29-28)黒澤亮平(同級世界8位/パラエストラ松戸)●
◆第2試合 THINKS INTERNATIONAL presents
Women'sSHOOTO-50kgインフィニティリーグ2019 5分2R
○杉本 恵(勝ち点2/AACC)(2R2分6秒、TKO)北野きゅう(勝ち点2/高田馬場道場・とらの子レスリングクラブ)●
◆第1試合 THINKS INTERNATIONAL presents Women'sSHOOTO-50kgインフィニティリーグ2019 5分2R
○原田よき(勝ち点0/赤崎道場A-spirit)(判定3-0=20-18、20-18、20-18)廣瀬里美(勝ち点0/パラエストラ松戸)●
◆オープニングファイト フェザー級5分2R
〇久保村ヨシTERU(飛翔塾コンドル)(1R58秒、KO)木下タケアキ(和術慧舟會HEARTS)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.