画像: 横粂勝仁が内閣改造の待機組を「能力がないから残っていた人たち」とバッサリ【髙田横粂の世相談義】

横粂勝仁が内閣改造の待機組を「能力がないから残っていた人たち」とバッサリ【髙田横粂の世相談義】

東電の復旧日時の読みの甘さに「何を根拠に発表したのか?」
元総合格闘家でRIZINで解説を務める髙田延彦と弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏が9月23日、インターネット配信番組「髙田横粂の世相談義」で9月11日に行われた内閣改造をぶった切った。
同番組はスポーツ、社会、政治などジャンルを問わず「今現在、髙田延彦が気になっている時事ネタ」を徹底討論しているのだが、この日は台風15号と内閣改造が話題に上がった。
台風15号ではいまだに千葉で停電や断水の被害が収まっていない。
髙田は東京電力の復旧の発表の日時が延び延びになったことについて「何を根拠にその発表をしたのか。ここがボタンの掛け違い。9日から換算すると、もう2週間以上こういう状態が続いている」などと東電の初動の見通しの甘さを指摘。そして実際には援助や復興が遅れているのにも関わらず「迅速に対応してきたと言い張る政府と住民の温度差があまりにもありすぎる」などと話した。
東日本大震災時に国会議員だった横粂氏は「大震災は記憶に残るが、台風は毎年来るからか局地的だからか認識が甘い。避難訓練も地震前提の火災からの避難訓練はあるが、集中豪雨などはどれくらい準備ができているのか...」などと自戒の念も込めて話した。
髙田「いい選手は待機組にならない。どんどん試合が組まれる」
そんな中で行われた内閣改造についてはいわゆる「待機組」といわれる議員の初入閣が13人。安倍首相の「側近」とされる人たちの入閣も目立ち「お友達・側近重用内閣」などといわれているのだが、横粂氏は「側近を入れるというのは悪くいえば“お友達”でもあるが“一番信頼できる人”でもある。今後何をやるか、ということ」と解説。そして「10回目の組閣でいわゆる“うまくなった”というところ。派閥への配慮を完璧なまでにやっている。それが国民にとって完璧な内閣かは微妙。待機組といわれる今まで入閣できなかった人にはスキャンダルがあるとか能力がないといったそれなりの理由がある。それを派閥の調整のために入れざるをえない部分で入閣させていることを国民目線で“是”とはできない」などと指弾した。
また髙田が「待機組って出番がなかったから待機組なのでは?」と問うと、横粂氏は「そう。能力がないから残っている。でも派閥の役割はそういう人を“俺のところにいたらみんな大臣になれるから、俺のところに来い”というもの。だから派閥の長としては待機組を入れさせたい」と辛らつ。
髙田はRIZINに例え「いい選手は待機組にならない。朝倉兄弟も堀口恭司も待機組にはならない。そんなことしたらファンが大暴動。みんなが見たい選手はどんどん試合を組む」と言えば横粂氏は「待機組のマッチングが4つとかあったらしらけますよね。待機組=誰も誰も見たくないということですからね」と続けた。
自衛隊の被災地への派遣の迅速なシステム化を提案
また横粂氏は台風15号の対応の遅れを引き合いに「やってはいけないときに内閣改造をやってしまったのなら、仕事でお返ししてほしい」として「市町村と県の間に軋轢があったようだが、それならば国が地方の調整という形で全面的に出てくるとか、自衛隊が災害救助隊としてもっと前面に出ていい。あれだけ組織立っていてボランティアに頼らずに国から給料が出ていて、組織立って動ける人がいて、全国に拠点がありどこかがつぶれても全国から駆けつけられる組織はあそこしかない。そういった組織は今からは作れない。災害は天候や自然との戦争というか有事なので、そこでの行動が国家の防衛時の演習になる。ここで動くことは双方にとってWIN WIN。本件も要請を待つのではなく、自動的に災害が起きたら行くという仕組みがなぜ駄目なのか? なぜやらないのか? それは組織が縦割りなことと、やったはいいが“大したことなかったね”となるのが怖いらしいんですが“大したことがなかった”のなら“良かったね”でいい。まず“集う”ということをやっていいと思う」などと自衛隊の被災地への派遣の迅速なシステム化を提案した。
同番組は次回は10月7日に生配信の予定となっている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.