画像: 髙田延彦 RIZINライト級GP優勝候補にジョニー・ケース【髙田横粂の世相談義】

髙田延彦 RIZINライト級GP優勝候補にジョニー・ケース【髙田横粂の世相談義】

「ケースは打撃もレベルが高く総合の経験も豊富で有利」
元総合格闘家でRIZINで解説を務める髙田延彦が9月23日、弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏とともにMCを務めるインターネット配信番組「髙田横粂の世相談義」に出演。「RIZIN.19」(10月12日、エディオンアリーナ大阪)で開催される「RIZINライト級グランプリ」でジョニー・ケースを優勝候補に挙げた。ケースは1回戦でホベルト・サトシ・ソウザと対戦する。
髙田は「過去の試合を見ても穴がない。相手のサトシ選手は柔術の世界チャンピオンクラス。万が一、胴衣を着てやったら話にならないが裸の総合格闘技なのでケース選手のほうに一日の長がある。どちらも優勝候補とみられている者同士の一戦だが、ケースは打撃もレベルが高く総合の経験も豊富で有利。サトシは下手に打ち合わないほうがいい。注目はケースのパウンドにどれだけサトシが耐えてさばけるか。グラウンドではサトシは本当は上になりたいが、柔術家なので下になるのには慣れているし、自分が背中をマットにつけても強い。そうするとケースが上になるケースが増えるので、上からの強いパンチが打てる。しかし油断していると下から一本取られるケースも生まれかねない。サトシが強いパウンドをさばきながら下から極められるかが勝負の分かれ目になると思う。タイプが違う2人なのでそういうところも見どころ」などと一進一退の好勝負を予想した。
「川尻の相手は強いよ。でも川尻は凶暴な相手であるほど燃えるタイプ」
日本の川尻達也については「侍魂というか大和魂というか、日本人特有の心の強さを持っている。こういうところに彼が出てこれるというのは運も持っているからだと思う。必ずいいところでエントリーされる。それは試合の勝ち負けもそうなんだけど、ファンを魅了する、ファンの期待感を煽る、ファンが見たい、ぜひ出てくれという匂いや足跡を残すから大舞台に抜擢されるのだと思う」と評価。そして「ただ、相手は強いよ。ストライカーでガンガン打ってくるタイプ。でも川尻選手はそういうの大好きだからね。凶暴な相手であるほど燃えるタイプ」と激闘に期待した。川尻はパトリッキー・“ピットブル”・フレイレと対戦する。
ウェルター級の中村K太郎vsマルコス・ヨシオ・ソウザ戦については「百戦錬磨のK太郎選手にヨシオ選手どこまでくらいつくか、あるいは首を狩れるか。RIZINのウェルター級はまだ層が薄いので、この2人がダントツのインパクトを残す試合をしてどちらかが中心になってほしい。バンタム級の堀口恭司のように強い象徴が現れればウェルター級に強い選手が集まってくる。ウェルターのキーマッチ。大事な試合になる」と期待をかけた。
ソヒvs美憂は「本当に難しい」
ハム・ソヒと山本美憂の一戦については「これは本当に難しい。美憂選手はこの年齢で強くなり続けている。自分のウィークポイントをどんどん小さくして、自分が相手を倒すための武器をどんどん広げている状態。この年齢で進化中。元谷友貴選手が美憂の練習拠点のグアムまで出稽古に行って、対ハム戦の対策も十分練っている。これはどっちが勝ってもおかしくない拮抗した試合になると思うけど、間違いなく言えるのはこの勝者の先には浜崎朱加が仁王立ちで待っているということ」
また今大会で復帰戦に臨むRENAについては「期待したい。今まで総合格闘家としてRIZINに上がって、試行錯誤しながら関節などを覚えながらリングに上がっていたが、これからは自分が一番得意な打撃をベースにしながらプラスアルファをいかに自分の中に肉付けするか。そして打撃以外のシーンでいかに対応するかということが必要なんじゃないか」などとそれぞれの試合について語った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.