画像: 日本橋に台湾や北海道の人気店が!「COREDO室町テラス」グランドオープン

日本橋に台湾や北海道の人気店が!「COREDO室町テラス」グランドオープン

商業施設「COREDO室町テラス」が27日、グランドオープン。地下1階から地上2階にわたり日本初出店や東京初出店を含む話題の店が集結。日本橋エリアの新スポットとして注目が集まりそうだ。
飲食店から生活雑貨まで多彩な店舗がそろう中でも、注目は台湾で書店として創業した人気のカルチャー体験型店舗が、日本初進出をはたした「誠品生活 日本橋」。
2階フロアに、書籍を扱う「誠品書店」や文具を扱う「誠品文具」など4つのゾーンで構成。世界中からセレクトした約100ブランドが集まり、そのうち約半数は台湾発ブランドとなる。タピオカミルクティーで人気の「THE ALLEY」や、台湾スイーツの「郭元益」、老舗の台湾茶荘「王徳傳」、台湾生まれの人気ハーバルケアブランド「阿原」など、厳選ブランドが出店。「誠品生活 日本橋」では、年間を通じて多彩な体験イベントを開催していくとのこと。
日本各地のこだわりブランドも多数出店。北海道からは、銘菓「白い恋人」でおなじみの石屋製菓が手掛ける直営カフェ「イシヤ 日本橋」が出店。北海道外では、カフェ業態の直営店がオープンするのは今回が初めて。店内では、札幌発のトレンド“締めパフェ”にぴったりなイシヤ日本橋限定メニュー「パフェ 日本酒」などこだわりのカフェメニューを味わうことができる。同じく、北海道美瑛町のベーカリー・パティスリーカフェ「フェルム ラ・テール 美瑛」も道外初出店。
地下1階は、現代版博多屋台「博多ニューコマツ」や、大衆酒場「大金星」、ミシュランガイド東京でビブグルマンを得ている「鉄板焼・お好焼 maido OSAKAきっちん」といった多彩な飲食店が軒を連ねる。それぞれの店は完全に壁で区分けされておらず、地下1階全体がおしゃれな屋台村のような空間となっている。
グランドオープン記念アイテムや、COREDO室町テラス限定商品を用意している店も多いので、さっそく足を運んでみてはいかが。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.