画像: フェザー級で沖縄代表の南風原吉良斗が優勝【9・29 アマ修斗】

フェザー級で沖縄代表の南風原吉良斗が優勝【9・29 アマ修斗】

決勝では村山大介に三角絞めで一本勝ち
アマチュア修斗の最高峰「第26回全日本アマチュア修斗選手権」が9月29日、神奈川・小田原アリーナで開催された。
今年は男子がストロー級からライトヘビー級の8階級、女子はアトム、ストロー、バンタムの3階級でトーナメントが開催された。
フェザー級では沖縄大会で優勝した沖縄地区代表の南風原吉良斗が優勝した。
南風原は1回戦で櫻庭康裕に腕十字固めで一本勝ち。2回戦の上田祐起、準決勝の中桐涼輔にはともに3-0の判定勝ちとしっかりとしたグラウンドテクニックを見せ決勝に上がってきた。
決勝では北信越大会優勝者の村山大介と対戦。1Rに村山にスタンドでバックを取られるシーンもあったが冷静に対処し正対。村山がバランスを崩し、倒れたときでも追うことはせず、スタンドで勝負。ラウンド終盤にパンチで村山が倒れたときにはマウントまで取り切り、好印象のまま1Rを終わらせる。
2R序盤の打撃の攻防では村山のミドルにカウンターでパンチを合わせる南風原。村山がタックルにくるとつぶした南風原が上を取るが村山は下から足を取って上のポジションを取り返すが、ここで南風原が下から鮮やかな三角絞め。村山がタップし、南風原が優勝を果たした。
フライ級は藤沢義弘が優勝
フライ級は藤沢義弘が決勝で佐々木駿友を破り優勝した。
藤沢は1回戦で山口峻に2-1の判定でしのぎ勝つと2回戦の高橋雄己、準決勝の宇田龍我をともに判定ながら危なげなく破り決勝へ駒を進める。
決勝では1R、藤沢がテイクダウンに成功すると長く佐々木のバックをキープ。2Rはともに一本を狙う動きを見せ激しいポジションの奪い合いとなるが、1Rでのアドバンテージのある藤沢が主導権を握り、このラウンドも制し、ジャッジ3者とも20-18の3-0の判定で藤沢が勝利した。
バンタム級の決勝は兼田圭介の負傷欠場で牛垣祐が優勝
バンタム級の決勝は兼田圭介が負傷欠場となり牛垣祐が不戦勝で優勝となった。
牛垣は関西大会のフェザー級の優勝者で、今大会は1回戦、2回戦、準決勝と判定ながら危なげなく勝ち上がり決勝へ。
兼田は四国大会と中国大会を制し、今大会も1回戦でスリーパーホールドで一本勝ちを収めるなど絶好調。好試合が期待されたが無念の結果となった。
「第26回全日本アマチュア修斗選手権」(9月29日、神奈川・小田原アリーナ)
〈決勝結果〉
◆ストロー級(-52.2kg)3分×2R
○畠山隆称(Theパラエストラ沖縄・那覇)(2R1分18秒、三角絞め)田中泰斗(MMA RANGERS GYM)●
◆フライ級(-56.7kg)3分×2R
●佐々木駿友(T・GRIP TOKYO)(判定0-3=18-20、18-20、18-20)藤沢義弘(リバーサルジム横浜グランドスラム)○
◆バンタム級(-61.2kg)
●兼田圭介(ゼロ戦クラブ)(不戦勝)牛垣 祐(パラエストラ和泉)○
※兼田が負傷欠場
◆フェザー級(-65.8kg)3分×2R
●村山大介(マスタージャパン東京)(2R1分34秒、三角絞め)南風原吉良斗(Theパラエストラ沖縄)○
◆ライト級(-70.3kg)3分×2R
○Jake Wilkins(KRAZY BEE)(2R1分22秒、フロントスリーパー)大鶴絢史(CLUB G)●
◆ウェルター級(-77.1kg)3分×2R
●水野 怜(修斗ジムroots)(1R1分26秒、スリーパーホールド)千島甲太(SCARFIST)○
◆ミドル級(-83.9kg)3分×2R
○白川洸太(DESTINY JIU-JITSU)(1R2分26秒、チキンウイングアームロック)内藤由良
◆ライトヘビー級(-93.0kg)3分×2R
○大場慎之介(パラエストラ東京)(延長判定10-9×3 本戦判定0-0=19-19)Eric Boteko(Schmitz Team France)
◆女子アトム級(-47.6kg)3分×2R
○大島 沙緒里(AACC)(判定3-0=20-18、20-17、20-18)中村未来(ススキノマルスジム)
◆女子ストロー級(-52.2kg)3分×2R
○宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)(判定2-1=20-18、20-18、18-20)古澤みゆき(総合格闘技道場BURST)●
◆女子バンタム級(-61.2kg)3分×2R
Christina Brauchle(Luiz Palhares Germany)(判定3-0=20-18、20-18、20-17)田中小百合(総合格闘技ゴンズジム)
〈各階級の結果〉
◆ストロー級(-52.2kg)
優 勝:畠山隆称(Theパラエストラ沖縄・那覇)
準優勝:田中泰斗(MMA RANGERS GYM)
第3位:藪本龍作(パラエストラ大阪)
第3位:肥沼大治(RISING SUN)
◆フライ級(-56.7kg)
優 勝:藤沢義弘(リバーサルジム横浜グランドスラム)
準優勝:佐々木駿友(T・GRIP TOKYO)
第3位:宇田龍我(総合格闘技道場HOPE)
第3位:大城匡史(SHIMAZILIANS)
◆バンタム級(-61.2kg)
優 勝:牛垣 祐(パラエストラ和泉)
準優勝:兼田圭介(ゼロ戦クラブ)
第3位:宇都宮伍(修斗GYMS直心会)
第3位:新井拓巳(ストライプル新百合ヶ丘)
◆フェザー級(-65.8kg)
優 勝:南風原吉良斗(Theパラエストラ沖縄)
準優勝:村山大介(マスタージャパン東京)
第3位:中桐涼輔(トイカツ道場)
第3位:大瀬良康平(リバーサルジム横浜グランドスラム)
◆ライト級(-70.3kg)
優 勝:Jake Wilkins(KRAZY BEE)
準優勝:大鶴絢史(CLUB G)
第3位:川幡昌弘(ノースキングスジム)
第3位:岸田和大(MIBURO)
◆ウェルター級(-77.1kg)
優 勝:千島甲太(SCARFIST)
準優勝:水野怜(修斗ジムroots)
第3位:西村 刀(西村道場)
第3位:石田拓穂(総合格闘技道場reliable)
◆ミドル級(-83.9kg)
優 勝:白川洸太(DESTINY JIU-JITSU)
準優勝:内藤由良(リバーサルジム横浜グランドスラム)
第3位:Stephan Hazizowic(Combat Center Luneburg in Germany)
第3位:山本龍二(修斗GIM 東京)
◆ライトヘビー級(-93.0kg)
優 勝:大場慎之介(パラエストラ東京)
準優勝:Eric Boteko(Schmitz Team France)
◆女子アトム級(-47.6kg)
優 勝:大島沙緒里(AACC)
準優勝:中村未来(ススキノマルスジム)
第3位:山下真菜(MMA Zジム)
第3位:小生由紀(グランドスラムAPP)
◆女子ストロー級(-52.2kg)
優 勝:宝珠山桃花(赤崎道場A-SPIRIT)
準優勝:古澤みゆき(総合格闘技道場BURST)
◆女子バンタム級(-61.2kg)
優 勝:Christina Brauchle(Luiz Palhares Germany)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.