画像: 日高屋の餃子が10月1日より全面リニューアル!さらに1カ月間特別価格のキャンペーンを実施

日高屋の餃子が10月1日より全面リニューアル!さらに1カ月間特別価格のキャンペーンを実施

中華食堂チェーンの日高屋が、主力メニューの餃子の味を10月1日よりリニューアルする。餃子のリニューアルは創業以来3度目で、2011年以来今回が8年ぶりだという。このリニューアルに合わせ、10月31日までの期間限定で特別価格155円(税込170円)にて提供をスタート。消費増税に味と価格の両面で対抗する。
現行の餃子がボリューム感重視のモチモチした厚い皮を使用しているのに対し、リニューアル後の新餃子は食べやすさを重視してパリパリした薄皮を採用、大幅に炭水化物の摂取量を減らした餃子となる。また、餡の豚ひき肉は40%増量され、背脂と科学調味料を大きく減らしたことで、クリスピーでサクサクした食感とヘルシーかつジューシーな味わいを両立した。実際に新旧の餃子を食べ比べてみると、現行のパンチのあるインパクトの強い味から、新餃子は女性客や子どもにも食べやすく、いくつでも食べられるバランスの取れた味に仕上がっている。現行の味に親しんだ人は、駆け込みで食べに行くのもよいだろう。
創業時より駅前の立地で安くておいしい食事をお腹いっぱい食べてもらうことが経営理念だという日高屋。ハイデイ日高の高橋均代表取締役は「今後は餃子専門店もやってみたい」と意欲を燃やす。なお、日高屋東銀座店では30日の23時45分から、現行餃子を見送って新餃子を迎えるイベント『ゆく餃子・くる餃子 カウントダウンセレモニー』を実施、24時以降に来店の先着100人に新餃子を1皿無料で提供する(1人1回限り、なくなり次第終了、東銀座店のみ)。また、キャンペーン終了後も本体価格を下げ、価格を230円(税込)に据え置いて実質的な値下げを行うという。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.