画像: 宮城県内全域に「ラプラス」大量発生!「ラプラス プラス 宮城巡り」スタート

宮城県内全域に「ラプラス」大量発生!「ラプラス プラス 宮城巡り」スタート

宮城県は10月からのりものポケモン「ラプラス」を起用し、観光キャンペーン「ラプラス プラス 宮城巡り」をスタートする。2016年にも石巻市で行われたスマートフォン向けゲーム『ポケモン GO』との復興支援イベントで「ラプラス」の出現率がアップしており、7月にみやぎ応援ポケモンに就任した「ラプラス」が、2019年度の観光キャンペーンのターゲットである親子3世代のファミリー層に向けてアピールしていく。
今回のキャンペーンでは『ポケモン GO』連動企画として19日から11月4日の期間に宮城県全域でラプラスに出会いやすくなるほか、19日には気仙沼市内でオープニング特別イベントを開催。さらに内沿岸の15市町にラプラスをデザインしたオリジナルマンホールを設置するほか、県内の全スキー場でラプラスのスノーチュービングが登場、宮城県の特産品とラプラスとのコラボグッズ販売やスタンプラリー、韓国・済州島発祥のトレッキングコンテンツ「オルレ」とラプラスのコラボイベントが行われる。1日から宮城県内の観光関連施設やJR北海道、JR東日本管内の主要駅でラプラス関連の特別企画やコラボグッズ情報、ラプラスマンホールの設置場所などを収録したガイドブックを配布中(なくなり次第終了)。
また、DJラプラスがキッズラッパーたちと宮城の魅力を伝えるPR動画を作成、宮城県の村井嘉浩知事もラッパー姿で出演するなど体を張った。ラプラスをみやぎ応援ポケモンに推薦した株式会社ポケモンの宇都宮崇人COOと、お揃いのカスタムオーダーしたラプラス柄のポケモンシャツを着こなして登壇した村井知事は、ラッパーに扮した感想を「これも宮城の観光のためだと歯を食いしばってがんばりました。皆さん笑ってやってください」とPR。
宇都宮COOによると今回の観光キャンペーンに限らず、地方自治体との取り組みは宣伝協力という形で無償で行なっているという。2020年までに観光入込客数7000万人、宿泊観光客数1000万人、外国人宿泊者数50万人、観光消費額4000億円を目標とする宮城県。最後に村井知事は「全国から、世界中から多くの方に宮城県に訪れていただきたい」と力を込めた。宮城県の観光キャンペーン「ラプラス プラス 宮城巡り」は2020年3月まで。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.