画像: どぶろっく、ベッド・イン、眉村ちあきらがノミネート! マキタスポーツのオトネタ大賞

どぶろっく、ベッド・イン、眉村ちあきらがノミネート! マキタスポーツのオトネタ大賞

「マキタスポーツのオトネタ大賞 2019」のノミネートアーティストが1日、発表された。ノミネートされたのは、地下セクシーアイドルユニットのベッド・インや、弾き語りトラックメイカーアイドルの眉村ちあき、どぶろっく、ポセイドン・石川、新作のハーモニカ、そしてDJ やついいちろう。マキタは「誰がどの賞を受賞するのか? しないのか? ぜひご期待ください」と、コメントを寄せている。
「マキタスポーツのオトネタ大賞 2019」は、芸人、俳優、ミュージシャン、文筆家として活動するマキタスポーツによるイベント。笑いと音楽を融合した「オトネタ」で魅了するマキタスポーツが、「オトネタ」を展開しているとするアーティストや芸人を集めて、さまざまな部門でそれぞれの活動を称えるもの。実際には、ショーケース的なイベントとなるという。
「マキタスポーツのオトネタ大賞 2019」は今回が初開催。10月18日に東京の新宿LOFTで開催される。時間は18時開場、18時30分開演。料金は全自由で5000円。税込。ドリンク代別。4 歳以上はチケットが必要。
マキタスポーツのコメント
いよいよオトネタ大賞のノミネートアーティストが出揃いました。当日は授賞式が行われるので、誰がどの賞を受賞するのか?しないのか?ぜひご期待ください。
ベッド・インは女性性を道化として大げさに振り切ってみせるエンターテイメントの側面がありますが、ミュージシャンシップがしっかりとある方たちです。
眉村ちあき氏は新世代の D.I.Y アーティストとして、技術を超えた自己表現の新しい形を持っています。私の娘世代の人にこんなに感化されたことはないので尊敬の念を抱いております。
ポセイドン・石川氏は誰もやってこなかった”山下達郎”という聖域を、ご本人に対するリスペクトも込みでネタにしているのはもはやアートの域でしょう。
どぶろっくはキング・オブ・コントを絶対獲る、あるいは絶対獲らないと思っていました。これからますます忙しくなることが予想されますので、江口氏の代役はいつでも私がやりたいと思います。
新作のハーモニカは去年から同じ事務所の仲間ということになりましたが、私にないものを全部持っていると思います。今回、先輩としてその芸を恥も外聞なくパクりたいです。
やついは今『それこそ青春というやつなのだろうな』という本を一生懸命売っているらしい。昔から絡んできた同志みたいなものだけど、やついはいつもプロデューサー側。他人をフックアップして与えることはあっても、やつい自体が受賞するようなことはなかった。なので青春賞かなんか作ってコネ受賞させたいと思います。
もちろん私、マキタスポーツもノミネートアーティストとして参加します。これまで長い間「歌うまい歌」という歌を歌ってきましたので、「歌うまい」部門だけは私がいただこうと思っています。皆さまのご来場心よりお待ちしています。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.