画像: 川尻達也「青木に激励されるようになるなんて俺も落ちたもんだ」【10・12 RIZIN.19】

川尻達也「青木に激励されるようになるなんて俺も落ちたもんだ」【10・12 RIZIN.19】

ライト級GP1回戦でベラトールからの刺客フレイレと対戦
「RIZIN.19」(10月12日、大阪・エディオンアリーナ大阪)に出場する川尻達也が10月2日、都内で公開練習を行った。
川尻は今大会からスタートする「RIZIN FIGHTING WORLD GP 2019 ライト級トーナメント」の1回戦でパトリッキー・“ピットブル”・フレイレと対戦する。
フレイレは2011年にベラトールに参戦以降、ベラトール一筋でこれまで21勝8敗の戦績を誇る。ジョシュ・トムソン、ベンソン・ヘンダーソンといったビッグネームにも勝利している強豪で今回がRIZIN初参戦となる。
この日、川尻は3分×3Rのミット打ちの後に約3分のインターバルを空けてから20秒×6Rの変則ミット打ちを行った。終盤のミット打ちは距離を詰めてひたすらボディーへのフックを打ち続けるという過酷なもの。公開練習としては異例なヘビーなメニューではあったが、川尻はなんなくクリアした。
練習後の会見では対戦相手のフレイレについて「強い。柔術の黒帯だけど、完全にストライカー。勝つときはKO勝ちが多い。僕がぶっ飛ばされるか僕が押さえ込んで一本取るかだと思う。イメージとしては触れればテイクダウンは取れると思う。しっかり固めて殴って消耗したところで一本取れればと思う」と話し、この日の練習については「グラップラーは相手のスタンドのプレッシャーで下がっちゃうと組めない。負けるときは下がっちゃう。パンチは強いけど無傷で勝とうとは思っていないし、何発食らっても倒れず、あきらめず前に出続けて、パトリッキーに触ればテイクダウンできると思っている。攻略してしっかり一本取りたい」などと、フレイレ攻略のための練習であることを明かした。
周囲の「勝つのは厳しい」という空気に反発「なめんな」
試合を控えた現在の心境については「50戦以上やってるが、何回やっても怖い。正直、逃げ出したくなる時もあるけど、みんなが期待してくれているので、それに応えたいという気持ちでなんとか平常心を保っている。怖さというのは負けて自分を全否定される怖さ。対戦相手は同じ人間なんで怖くない。ここまで人生かけて20年戦って、積み上げてきたものがある。でも格闘技はたった一つの負けで全てを失ってしまう。その怖さはある。逆に拳一つで自分の目の前の世界を変えることもできるので、今回も自分の力で自分の世界を切り開きたい」などと現在の心境を吐露。
しかし「ファンや仲間もものすごく期待を込めて“頑張れ”と言ってくれているのは感じるが、それとは裏腹に、“期待はしているが川尻じゃ勝つのは厳しいだろう”という空気もいろいろなところから感じている。ファンも運営も近くにいる人からも。それには正直イラっとするし、なめられてると思うので、“舐めんな”というのをテーマに"なめんなジャパニーズMMA”って(笑)。どっかで聞いたことあるな(笑)。次の日くらいにそんなテーマの大会があった気がするけど、俺も一人だけ先に“舐めんなジャパニーズMMA”でやろうかな。ほんとむかつくんで」などと周囲に漂うムードに反発した。
「もし一人だけ戦えるなら B.J.ペンとやりたい」
その翌日のONEに出場する青木真也がSNSなどで青木独特の言い回しでエールを送っているのだが「青木に激励されるようになるなんて俺も落ちたもんだ(笑)。相当なめられてるから、くそくらえって感じだけど、彼の存在が俺をまだ現役でいさせている部分は間違いなくある。ひねくれているし気持ち悪いし、わけが分からないけど、戦友だと思ってその言葉はポジティブに受け取りたい。死んでも生き残る。10月12日の勝利だけあれば次の日は病院のベットでも意識がなくてもいい。試合の15分間だけパトリッキーを上回っていれば後は何もいらない。そういう気持ちで闘う」とこちらも川尻なりの言い回しで応えた。
今回のトーナメントは抽選で対戦が決まったのだが「条件は全員一緒。仕方ないといえば仕方ないが、不安はあったし抽選会当日のドキドキ感は半端なかった。決まってみれば実績も名前も世界的に見れば一番ある選手。32歳で一番脂が乗っている強い時期。俺はそういう星の元に生まれている。今までたくさんのファイターの一番強い時期に戦えている。今回もベラトールのトップファイターと一番脂の乗っている時に戦えるのは光栄」と話した。
またこの日の練習はファンにも公開されてのもので、最後にファンのトーナメントでは誰と戦いたいか?という質問に「決勝に行きたいんで準決勝は弱い人とやりたい(笑)」と答え、「もし一人だけ戦えるなら B.J.ペンとやりたい。同世代で戦ってないトップファイターってB.J.ペンだけ。五味、青木、カルバン、宇野さん、魔裟斗、武田幸三、メレンデス、アルバレスと戦ってきた。あとは.J.ペンと戦えれば俺の格闘技キャリアは思い残すことはない」と続けた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.