画像: メリーチョコレートの「エスプリ ド メリー」がリニューアル!

メリーチョコレートの「エスプリ ド メリー」がリニューアル!

日本人の味覚に寄り添った高級ギフトチョコレート、メリーチョコレートが新しく生まれ変わったハイエンドチョコレート「エスプリ ド メリー」を全国のメリーチョコレート店舗で発売した。「エスプリ ド メリー」は2016年以来3年ぶりのリニューアルとなる。
今年で25周年を迎える「サロン・デュ・ショコラ パリ」やフランスで最も権威のあるチョコレート愛好会「クラブ・デ・クロクール・ド・ショコラ(C.C.C)」の品評会で高い評価を受けるトップショコラティエ・大石茂之を中心に、2017年から2年間かけて開発したという新生「エスプリ ド メリー」。ひと粒ひと粒の完成度の高さに加え、ボックス全体で苦味、甘味、酸味、塩味、旨みの五味や色のバランスまでこだわって詰め合わせた。ひと粒に込められた想いを味わえるよう、2〜3口くらいで摘める大きさに。ロイヤルブルーを基調にカカオの実がデザインされた美しいパッケージは、改まったギフトにもおすすめ。
2017年にC.C.C.で金賞を受賞したチョコレートからイメージした「ヘーゼルナッツ&アーモンド」、ヨーロッパでは定番の酸味のあるフルーツとの組み合わせ「パッションフルーツコンフィチュール&ガナッシュ」、また2000年に初出展した「サロン・デュ・ショコラ パリ」で出会った塩をわずかに入れたキャラメルをアレンジした「ビターキャラメル」など、大石ショコラティエの技術と経験を活かした珠玉のアソートだ。2000年にはまったく認められていなかった宇治抹茶のガナッシュが、現在ではフランスでも「MATCHA」として親しまれるなど、「サロン・デュ・ショコラ パリ」への挑戦は大石ショコラティエにとっても感慨深いものだという。
また、海外戦略ブランド「トーキョーチョコレート」から、「トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス」を30日より期間限定(〜11月末まで、なくなり次第終了)で一部のメリーチョコレートショップ(※)で発売することも決定した。2016〜2018年にC.C.C.で金賞を受賞したチョコレートと今年の新作を詰め合わせた渾身のセレクションボックスだ。
2016年の市田柿の干し柿と薩摩焼酎を合わせた「柿」、2017年の本みりんと福島県産の和三盆糖を使った「和のプラリネ」、2018年の愛知県産の薔薇の花びらを漬け込んだ純米大吟醸酒「出羽桜 一路」をガナッシュに仕上げた「薔薇」、そして国産玄米茶の香ばしさに国産生姜を加えた新作「玄米茶と生姜」の珠玉の4粒。通常はバレンタインの時期のみの展開だが、今回「サロン・デュ・ショコラ パリ」の開催に合わせて日仏同時に発売するもの。
なお、澤乃井梅酒「ぷらり」使用の「梅酒〈朝焼け〉」を加えたトーキョーチョコレートの代表作「みなも」、アソートボックス「トーキョーチョコレートボックス」、さまざまな素材を組み合わせたチョコレートバー「カカオフュージョン」は、パリで先行販売する。
※「トーキョーチョコレートプレミアムセレクションボックス」展開予定店舗
〈北海道〉丸井今井札幌本店
〈東北〉仙台三越
〈関東甲信越〉銀座三越、西武池袋本店、伊勢丹 浦和店、そごう横浜店、メリーズ カフェ
〈東海・北陸〉名古屋三越栄店、大和富山店、めいてつ・エムザ
〈関西〉ジェイアール京都伊勢丹、阪急うめだ本店、大阪タカシマヤ、大丸神戸店、阪神梅田本店
〈九州〉博多阪急
〈その他〉メリーチョコレートオンラインショップ

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.