画像: 乱入のワイアットがロリンズと中邑の王者対決ぶち壊す【10・4 WWE】

乱入のワイアットがロリンズと中邑の王者対決ぶち壊す【10・4 WWE】

対戦前にワイアットの「ファイヤーフライ・ファンハウス」が放送
米国内での放送時間の変更により10月から金曜開催となるWWEの「スマックダウン」。その第1回となる「スマックダウン」(現地時間10月4日、カリフォルニア州ロサンゼルス/ステイプルズ・センター)でユニバーサル王者セス・ロリンズとIC王者・中邑真輔(withサミ・ゼイン)の王者対決が行われた。
試合前にはPPV「ヘル・イン・ア・セル」(現地時間10月6日、カリフォルニア州サクラメント/ゴールデン1センター)でロリンズと対戦するブレイ・ワイアットの「ファイヤーフライ・ファンハウス」が放送されてロリンズにプレッシャーがかかる中で試合がスタート。
「ヘル・イン・ア・セル」でロリンズvsワイアット
中邑がいきなり飛び付きアーム・バーを決めると、これをなんとか回避したロリンズもトペ・スイシーダ2発で反撃。さらにロリンズがフライング・ハイニーからアバダ・ケダブラを決め、必殺のカーブ・ストンプを狙ったところで突如会場が暗転。暗闇から“ザ・フィーンド”ワイアットが現れてマンディブルクローでロリンズを襲撃すると不気味な高笑いをあげて暗闇に消え去った。
ロリンズとワイアットは「ヘル・イン・ア・セル」でユニバーサル王座をかけて対戦する。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.