画像: 鈴木祐子が腕十字で逆転一本勝ち【10・5 ONE WARRIOS SERIES】

鈴木祐子が腕十字で逆転一本勝ち【10・5 ONE WARRIOS SERIES】

「ウォリアーボーナス」も獲得
アジア最大級の格闘技団体「ONE Championship」の登竜門的大会である「ONE WARRIOS SERIES:日本vs.世界」(10月5日、東京・渋谷/ベルサール渋谷ガーデン)が開催され、総合格闘技、キックボクシング、ムエタイの全15試合が行われた。
今大会には日本のジョシカク戦士が3人出場。結果は明暗を分けたが会場を大きく沸かせる試合を展開した。
第4試合のアトム級戦に出場した鈴木祐子はマレーシアのエディラー・ヨハニーと対戦。
1R、ヨハニーの周りをサークリングする鈴木だったが、ここでヨハニーの右ストレートが鈴木の顔面にクリーンヒット。ぐらりとした鈴木は後ずさりコーナー下で尻もちをつく。ここでヨハニーがパンチの連打でラッシュをかけるが、蘇生した鈴木はタックルでしのぐと逆にスタンドでロープに押し込みバックを取りかける。ヨハニーはロープ伝いに逃げるが鈴木は逃さずテイクダウンに成功すると上を取ってハーフガードからマウントに移行。パウンドを落としてから左腕をキャッチして腕十字を決める。ヨハニーは反転してしのぐも鈴木がなおも絞り上げるとたまらずタップした。
鈴木はこの勝利でONE WARRIOR SERIEで2勝1敗。また試合内容が評価され「ウォリアー・ボーナス」を獲得した。
SARAMIは一進一退の攻防を展開も...
第9試合に出場したSARAMIは韓国のキム・ソユルと対戦。
サラミは1R、右のストレートを立て続けにヒット。2度目のタックルでテイクダウンに成功するが、攻め切れずキムを立たせてしまうと、キムは逆にスタンドでコーナーに押し込んでいく。体勢を入れ替えたサラミは投げてテイクダウンを奪うとサイドからハーフに移行しパウンドを落とすが、キムは蹴り上げで脱出。スタンドに戻るとキムはがむしゃらにパンチを振るって前に出る。
2Rもパンチのフェイントからタックルにいくサラミだったが、キムはしのぐと逆にスタンドでバックに回る。リフトして頭から落とすが、サラミはすぐに立ってコーナーに逃げクラッチを外して正対して、脱出。
スタンドの攻防でタックルにいくサラミだったがキムはなんなく切る。鈴木はパンチから組み付いてフロントチョークを狙い、ヒザを打ち込むがキムは振りほどきパンチで反撃。
一連の攻防の中で単発ながらキムのパンチがサラミの顔面をとらえる場面が目立ってくる。ラウンド終盤にはサラミもカウンターの右ストレートをヒットさせる。
3Rもサラミはパンチから組みつくがテイクダウンには至らない。打ち合いの中ではキムの右ストレートが何度かヒット。サラミはプレッシャーをかけて押し込むが、逆にスタンドでバックを取られてしまうなど勢いが空回り。ともに決め切れないまま3Rが終了。
ジャッジ3者ともキムを支持3-0でキムの勝利となった。
敗れはしたがSARAMIは試合内容が評価され、キムとともに「ウォリアーボーナス」が与えられた。
ムエタイマッチのLittle Tigerは相手のパワーに苦戦
第13試合のムエタイのアトム級戦に出場したLittle Tigerはスウェーデンのサンドラ・ゴドヴィクと対戦。
Little Tigerはムエタイ特有の首相撲からのヒザ、ミドルキック、パンチと攻め込んでいくが、長身のゴドヴィックの首相撲からのヒザに手こずり、徐々にスタミナを削られていく。
Little Tigerのパンチで右目をはらしたゴドヴィックだったが最後までプレッシャーをかけ続け、手数で勝り3-0の判定で勝利を収めた。
Little Tigerは敗れたものの試合内容が評価され、勝ったゴドヴィクとともに「ウォリアーボーナス」が与えられた。
「ONE WARRIOS SERIES:日本vs.世界」(10月5日、東京・渋谷、ベルサール渋谷ガーデン)
◆第1試合 キックボクシング フェザー級3分×3R
○基山幹太(日本/Kick Lab)(判定3-0)チェプ・ホリック(インドネシア)●
◆第2試合 キックボクシング キャッチウェイト(55.0kg)3分×3R
○有井渚海(日本/及川道場)(3R TKO)レイ(マレーシア)●
◆第3試合 フェザー級5分×3R
○櫻井裕康(日本/NEVER QUIT)(判定2-1)島村直希●
◆第4試合 アトム級5分×3R
○鈴木祐子(日本/BRAVE GYM)(1R 腕十字固め)エディラー・ヨハニー(マレーシア)●
◆第5試合 ライト級5分×3R
●下川晃毅(日本/晃哲會 下川道場)(2R TKO)ショーン・ラッシュ(米国)○
◆第6試合 ライト級5分×3R
●山下竜一(日本/BRAVE)(1R 三角絞め)アフメド・ファエズ・アヌアー(ブルネイ)○
◆第7試合 フェザー級5分×3R
○椿飛鳥(日本/トライデントジム)(2R TKO)ロン・ラー(カンボジア)●
◆第8試合 ライト級5分×3R
●長田拓也(日本/MMA&BJJ BLOWS)(1R フロントチョーク)オットゴンバタル・ネルギ(モンゴル)○
◆第9試合 アトム級5分×3R
●SARAMI(日本/パンクラスイズム横浜)(判定0-3)キム・ソユル(韓国)○
◆第10試合 バンタム級5分×3R
○吉野光(日本/フリー)(判定3-0)チャン・サマート(カンボジア)●
◆第11試合 フライ級5分×3R
○内藤頌貴(日本/パラエストラ松戸)(判定3-0)アレックス・シルド(米国)●
◆第12試合 バンタム級5分×3R
●ジェイク・ムラタ(日本/パラエストラTB)(判定0-3)ソン・ミョンジュン(韓国)○
◆第13試合 ムエタイ アトム級3分×3R
●Little Tiger(日本)(判定0-3)サンドラ・ゴドヴィク(スウェーデン)○
◆第14試合 フェザー級5分×3R
○工藤諒司(日本/TRIBE TOKYO M.M.A)(判定3-0)ジェリー・オルシム(フィリピン)●
◆メインイベント 第15試合 ウェルター級5分×3R
●デヴォン・モリス(米国)(判定0-3)エマヌエル・オニエディカチ(ナイジェリア)○
※ローブローにより3R途中までの判定

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.