画像: カブキ・ウォリアーズが悲願のWWE女子タッグ王座戴冠【10・6 WWE】

カブキ・ウォリアーズが悲願のWWE女子タッグ王座戴冠【10・6 WWE】

王者組のアレクサ・ブリス&ニッキー・クロスに挑戦
WWE「ヘル・イン・ア・セル」(現地時間10月6日、カリフォルニア州サクラメント/ゴールデン1センター)でアスカ&カイリ・セインのカブキ・ウォリアーズが悲願のWWE女子タッグ王座を戴冠した。
この日、カブキ・ウォリアーズは王者組のアレクサ・ブリス&ニッキー・クロスとWWE女子タッグ王座をかけて対戦。カイリは握手を交わすふりをしてアレクサとニッキーに先制攻撃を放てば、アスカも一時はアレクサ&ニッキーの連携攻撃に捕まるも、ヒップアタックやアンクルロックで反撃。
続けてカイリはアレクサにスライディングDを放ってフォールを狙うも、ニッキーがレフェリーの注意を引いてカウントなし。これにカイリは「なめんなよ!コラ」と叫びインセイン・エルボーを繰り出したが、ニッキーにヒザで迎撃されてしまう。
アスカが毒霧からのハイキックで3カウント
試合終盤ではニッキーがアスカに強烈なカウンターのクローズラインを放ち、アレクサがエプロンからのトペ・コンヒーロでカイリを吹き飛ばすも、アスカが突如、毒霧を吹き付けてニッキーの動きを止めると、ハイキックを放って3カウント。カブキ・ウォリアーズが逆転勝利で悲願の王座戴冠を果たし、新WWE女子タッグ王者となった。
試合後、アスカは「我々チャンピオンになったがな。誰でもかかってこいや!」と意気揚々と自身の偉業を誇ると、カイリは「どれだけ待ったか。誰も容赦しませんよ! あー楽しい」と念願の王座奪取に喜びを爆発させた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.