画像: EXILE TETSUYA、自己ベストのパフォーマンスで2020年を盛り上げる

EXILE TETSUYA、自己ベストのパフォーマンスで2020年を盛り上げる

EXILE TETSUYAが8日、内閣府のある中央合同庁舎の会議室で行われた「beyond 2020 マイベストプログラム」の認証式に出席した。EXILEなどが所属するLDH JAPANのグループ会社が運営するダンス&ボーカル、アクトスクール「EXPG STUDIO by LDH」の「DANCE マイベスト応援プログラム」が内閣官房オリンピック・パラリンピック推進本部事務局が推進するプログラムに認証されたもの。
認証書を受け取ったTETSUYAは「来年の五輪大会に向けて、自分たちでも何か盛り上げることができないのかと(考えた)。ダンスの力で子どもたちに夢をというような活動をずっとしてきたので、すごくぴったりなプログラムと連結させていただいた。コラボレーションして盛り上げられることに、すごく興奮しています」と、コメント。
「DANCE マイベスト応援プログラム」は、「EXPG STUDIO by LDH」で行われるプログラムで、EXILEの楽曲を中心にダンスレッスンを行い、ダンスステップの習得や振付の習得をマイベスト目標に設定して、レッスンに励んでもらうというもの。
「選手だけじゃなくて、国民全員が五輪大会に参加しているような気持ちで、自己ベストを目指すというところで、ダンスを使って、皆さんに踊れるようになってもらいたいと。僕らをやっているダンスって難しく見えたりもするんですけど、皆さんに参加してもらい、ダンスに触れてもらって、それぞれの自己ベストを見つけてもらって、その目標に向かってダンスに取り組んでいただけたら」と、話した。
自身の自己ベスト、目標について聞かれると、「最近、膝の手術から復帰ができた。来年のPERFECT YEARに向けてのリハビリをしてきたので、来年ベストパフォーマンスをすることが目標」と、話した。
「beyond 2020 マイベストプログラム」は、2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会の基本コンセプトのひとつである「全員が自己ベスト」に合わせ、一人ひとりが健康面などでマイベスト目標を設定する絶好の機会とし、その目標の達成に向けた行動やそれを支援する事業や活動、それを継続するための工夫を取り入れた事業や活動を認証するもの。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.