画像: 髙田延彦が大阪から大晦日のRIZINのキーマンに朝倉海を指名

髙田延彦が大阪から大晦日のRIZINのキーマンに朝倉海を指名

「RIZIN.19」で朝倉海vs佐々木憂流迦
元総合格闘家でRIZINの解説を務める髙田延彦が10月7日、弁護士で元衆議院議員の横粂勝仁氏とともにMCを務めるインターネット配信番組「髙田横粂の世相談義」に出演。「RIZIN.19」(10月12日、大阪・エディオンアリーナ大阪)に出場する朝倉海を年末にかけてのRIZINのキーマンに指名した。
朝倉は今大会で元UFCファイターの佐々木憂流迦と対戦する。8月の「RIZIN.18」で堀口恭司を破り、次戦は大晦日での再戦と思われていたが9月27日にこのカードが急きょ発表された。
この2人は4月に対戦予定だったがその時は憂流迦の体調不良で試合が流れたという経緯がある。
髙田は「2人ともまさか大阪で試合をするとは思っていなかったはず。そんな状況で試合を受けた2人には敬意を表する」としたうえで「憂流迦は4月にカードを流してしまったこともあって、今回は意気に感じてオファーを受けた。那須川天心がいない、堀口恭司がいないとなった時、今一番見たい選手は誰かといえば朝倉兄弟ということで海もRIZNからのオファーを受けた」などとカード決定の経緯を説明。
憂流迦の再浮上の可能性も指摘
そして「海が憂流迦を完璧に破って、年末の堀口との再戦でも勝てばさいたまスーパーアリーナは大爆発するし、その逆で堀口がリベンジしても大爆発する。いずれにしても大阪と年末のキーマンは海」と話した。
しかしその一方で「もしこの試合がなければ、年末は海と堀口の再戦で今度はタイトルマッチになるというのが順当なマッチメイクだが、何が起こるか分からないのに海はあえて大阪でこの難敵との試合を挟んだ。ここで憂流迦が海を食って堀口戦に名乗りを上げるかもしれない」と7月大会で石渡伸太郎に敗れた憂流迦
の再浮上の可能性も指摘した。
同番組は、元総合格闘家の体育会系・髙田と、トークバラエティー番組「バイキング」(フジテレビ系)などでコメンテーターを務める東京大学法学部出身の横粂氏が「今現在、髙田延彦が気になっている時事ネタ」を徹底討論するワイドショー番組。
次回は10月24日に生配信の予定となっている。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.