画像: 寝たきりでも働ける「分身ロボット」接客カフェオープン

寝たきりでも働ける「分身ロボット」接客カフェオープン

大手町の「3×3 Lab Future」にて7日、期間限定でロボットが接客する「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」がオープンした。重度の障がいや病気、その他さまざまな事情で外出が困難な人が、自宅や病院にいながら分身ロボット「OriHime-D」を遠隔操作して接客する実験的なカフェ。期間限定でのオープンは昨年11月に続く2回目で、今回も「体験チケット」購入という形でクラウドファンディングを募り、1000万円以上の支援が集まった。
今回の開催にあたって、分身ロボットを開発するオリィ研究所 共同創設者の吉藤オリィ代表取締役所長は「作りたいものはロボットでもなければカフェでもない。“どうすれば人類は孤独が解消できるのか”がテーマ」と語り、「体が動かなくなったとしても、自分の意志で会いたい人に会えて、行きたい場所に行けて、死ぬ瞬間まで誰かに必要とされながら自分らしく生きていく未来を作っていく。これが私たちが本当の意味で目指しているもの」とその意義を説く。
また、分身ロボットカフェアドバイザーである作家でタレントの乙武洋匡は「孤独を消すためにテクノロジーを使うというビジョンに非常に共感している。これまで障がい者や重い病気にかかっている方は自己実現や社会とのかかわりが持てないままが多かった」とし、「昨年は障がい者の水増し雇用が問題になったが、彼らが一生懸命知恵を絞って水増し申告しかできなかった問題を、最近の流行り言葉でいうと“セクシーに”解決している」と評価した。
分身ロボットを遠隔操作するパイロットの永廣柾人さんは、脊髄性筋萎縮症(SMA)で就労経験がなかったが、前回に続き2回目のカフェ参加となる。指先や口でパソコンを操作し、器用にテープカットも行なった。「最初は社会の役に立てるのか不安でしたが、実際にやってみたらお客さんたちにとてもよろこんでいただけて、このカフェのおかげで僕の人生は大きく変わった。今年も精一杯がんばりますのでよろしくお願いします」と挨拶した。
今回のカフェでは店長として「OriHime-D」が司会進行を行い、各テーブルに設置された小型ロボット「OriHime」がお出迎えやオーダーを受け、「OriHime-D」が担当テーブルの配膳を行なった後にトークタイムが設けられている。出会いがあって、仲間とのチームプレイができ、工夫の余地もあることからカフェ業態での実証実験を重ねているというオリィ研究所。今回は30人のパイロットがシフト制で勤務を行い、実際に接客しながらアンケートを取りフィードバック、毎日機能を追加していくという。分身ロボットの接客を受けた来場者は「お話ししていると、まるでそばにいるよう」と、交流を楽しんでいた。
クラウドファンディングでの「体験チケット」販売は終了したが、空席が出た場合は入場当日の朝10時より当日券を店頭販売するほか、展示ゾーンは入場無料で予約不要。2020年には期間限定でなく、常設という形での運営を目指す「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」は、大手町の「3×3 Lab Future」サロン内特設スペースにて23日まで。
「分身ロボットカフェ DAWN ver.β2.0」
【期間】2019年10月7日(月)~23日(水)
【時間】11〜17時(111時〜、212時〜、313時〜、415時〜、516時〜) ※各回50分の入れ替え制
【定休日】10月9日(水)、12日(土)、16日(水)、19日(土)、20日(日)
【料金】当日券:1名2000円(ドリンク付き)
【会場】「3×3 Lab Future」サロン内特設スペース(東京都千代田区丸の内2-6-1 大手門タワー・JXビル1F)
【URL】https://dawn2019.orylab.com/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.