画像: 年末にヒョードルがジャクソン相手に「日本ラストマッチ」【12・29 BELLATOR】

年末にヒョードルがジャクソン相手に「日本ラストマッチ」【12・29 BELLATOR】

12・29「BELLATOR JAPAN」開催が正式決定
RIZIN FIGHTING FEDERATIONが10月9日、都内で会見を開き、「BELLATOR JAPAN」(12月29日)、に「RIZIN.20」(12月31日)をともに埼玉・さいたまスーパーアリーナで開催することを発表した。
そして「BELLATOR JAPAN」で約4年ぶりに日本で試合を行うエメリヤーエンコ・ヒョードルの相手がクイントン・“ランペイジ”・ジャクソンとなることが合わせて発表された。
ヒョードルはPRIDE時代に第2代PRIDEヘビー級王座に君臨。PRIDEヘビー級グランプリを制すなど「60億分の1の男」と称された。PRIDE消滅後は、Affliction、Strikeforceといったアメリカの団体で活躍。現在はBellatorを主戦場としている。
RIZINには2015年の大晦日に参戦しシング・心・ジャディブを1RにTKOで下している。
対するジャクソンPRIDEで活躍。桜庭和志、ヴァンダレイ・シウバらと激闘を繰り広げ、人気者となった。PRIDE以降はUFCで活躍。2013年からはBellatorに参戦している。
この日の会見はこの2人にBellatorのプレジデントであるスコット・コーカー氏、RIZINの榊原信行CEOが登壇した。
コーカー氏「LA大会で行う予定だったが、このカードは日本でやるべきだと主張した」
会見の冒頭、榊原氏が「まずこういう形でこれまでスコット氏と企画してきたことを発表できることに興奮している。12月29日にBellatorの日本初進出の大会を一緒に開催できること、それをお手伝いできることを光栄に思う。アメリカのビッグプロモーションが海を渡って日本で大会を開くのは大変なことだし、勇気のいること。そしてお金もかかる。それをRIZINとともにチャレンジしようと踏み出してくれたことに敬意を表したい。12月29日は総合格闘技の歴史が変わる、MMAの未来を感じてもらえるような、新しいムーブメントを起こせるようなそんなアクションにしたい」と挨拶。
続けてコーカー氏が「本当だったら、このメインイベントは1月のロサンゼルス大会で行う予定だったが、社内での意見交換で反対して、これは日本でやるべきだと主張した」としてヒョードルvsジャクソンの一戦を発表した。
ここで2人が現れ、ジャクソンは「一つだけ言いたいことがある。自分は一番好きな国でまた戦えることに対して、むちゃくちゃテンションが上がっています」、ヒョードルは「私の大好きな国、日本でまたファイトできることをうれしく思っています。私にとって日本と日本のファンは非常に大切なもの。私のことを日々サポートしてくれてありがとうございます」などと挨拶。ともに日本での試合に特別な思いがあることをうかがわせた。
ジャクソン「とにかく日本でもう一度試合をしたいと思っていた」
またヒョードルは「日本ラストマッチ」ということについては「私は19年前、初めて日本を訪れて試合をしました。その瞬間から、心の底から日本に惚れ込んでいます。そしてこうして再び日本に来ることができて、日本の試合にある独特の喜ばしい雰囲気に触れられると思うとうれしくてたまらない。また長年にわたって一緒にリングで戦ってきた友人と会えたのもうれしく思っている。もう一度仲間たちと協力して、最高に美しい試合をしっかりと日本のファンの目に焼き付けてもらえるように最大限の努力をしたい」などと話した。
ジャクソンはヒョードルとの試合については「皆さん、ご存じかどうか分からないが、私の一番好きなファイターはヒョードル。だから最初にオファーがあった時はとても変な気分だったが、とにかく日本でもう一度試合をしたいと思っていた。日本で試合ができるのであれば、誰とでも戦うつもりだった」などと応じた。
ヒョードルは引退については「もちろんリタイアを考え始めています。年齢のこともあります。まだまだ元気ですし体調も良いですが、年齢も考えなくてはいけません。そろそろ引退する時期かもしれないと考えています。スコットさんとの間でも私のキャリアの最後を飾るツアーをやらないとという話をしたこともあるが、それは時の経過とともに、もっと明確に見えてくるのではないかと思っています。もちろん私はこの大好きな日本と日本のファンの皆さまにぜひもう一度ツアーを行って、最後にもう一度私のことをサポートして応援していただける機会が作れたら幸せだと考えています」などと話した。
Bellatorはヒョードルとは新たに3試合の契約
コーカー氏は会見後の囲み取材で「ヒョードルとは新たに3試合契約を結んで今回がその1試合目。流れ的には、世界を回る引退ツアーを組んでいきたい。日本で試合をするのはこれが最後だと思っています。日本の後はヨーロッパ、そして最後はロシアでやることを考えています。今回、日本でやる機会があったので第一弾を日本に持ってくるというのは自分の中でもそれしかないと思って、こういう決断をしました」と話した。
なおこのカードがリングとケージのどちらで行われるかについてコーカー氏は「まだ決まっていない。近日中に2人と話して決めたい」と話すにとどめた。
そして両団体のバンタム級2冠王の堀口恭司については「RIZINが年末にどう考えているかは分からないが、堀口にはアメリカで防衛戦をしてほしいと思っている」と話し、29日のBELLATORに堀口の出場をリクエストすることはないもよう。
その後に囲み取材に応じた榊原CEOは「スコット個人としては“この試合はリングで見たい”とつぶやいているのを聞いた」と話した。ベラトールの大会自体はケージで行われるのだが、ベラトールでは15分ほどでリングからケージに替える技術を持っていることからこの試合をリングで行うのは可能なよう。
また榊原氏はヒョードルvsジャクソンについて「ヒョードルの日本でのラストファイトは確定。これが見納め。PRIDE時代は階級が違ったので、我々もマッチメイクしようと思ったことはない。時が経って階級が同じヘビーになって、実現するカード。15年の時を経て、タイムスリップしてみんなに感激してもらえる機会になればと思う」などと話した。
RIZINvsBellatorの対抗戦については「3vs3じゃ少ないので5vs5か7vs7。29日に3vs3で、31日に2vs2とか4vs4とか。これからスコットと組み上げていきたい」と話した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.