画像: 復帰戦のRENAを旧友たちが激励【10・12 RIZIN.19】

復帰戦のRENAを旧友たちが激励【10・12 RIZIN.19】

対戦相手が直前で変更も勝利を確信
「RIZIN.19」(10月12日、大阪・エディオンアリーナ大阪)の前日計量が11日、大阪市内で開催され、全26選手が規定体重をクリアした。
今大会で今年6月の「Bellator 222」でリンジー・ヴァンザントに敗れて以来の復帰戦に臨むシュートボクシング世界フライ級王者・RENAは50.70kgで計量をパス。好調な仕上がりを見せた。
RENAは当初、ショーナ・ラムと対戦の予定だったが、ラムが脳しんとうによるドクターストップで直前でアレキサンドラ・アルヴァーレに変更となっている。
RENAはアルヴァーレについては「思ったよりも小さかったけれど、パワーはありそうな身体をしていた。身長とリーチ差を考えれば私のほうが長いので、相手に当てさせずに自分の攻撃を当てていけば問題なさそう」と話した。そして「急なオファーで試合をすることを決めてくれた。試合ができることが一番ですし、対戦相手あってのことなので感謝しかありません」と敬意を表した。
計量後は「地元に戻って同級生たちと成人式以来に会います。試合前ですがせっかく開いてくれるので、みんなにパワーをもらえたらうれしいです」と笑顔で会場を後にした。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.