画像: 初参戦の中村K太郎が壮絶KO勝ち。Bellatorとの対抗戦に名乗り【10・12 RIZIN.19】

初参戦の中村K太郎が壮絶KO勝ち。Bellatorとの対抗戦に名乗り【10・12 RIZIN.19】

パンチでダウンさせパウンド連打でとどめ
「RIZIN.19」(10月12日、大阪・エディオンアリーナ大阪)に元UFCファイターの中村K太郎がRIZIN初参戦を果たし、マルコス・ヨシオ・ソウザと対戦した。
ヨシオはこの日から開幕した「ライト級グランプリ」に出場したホベルト・サトシ・ソウザの実兄。柔術で数々のワールドクラスの大会で優勝を重ね、2012年からMMAにも参戦。REAL Fight Championshipウェルター級王座決定トーナメントを制して初代王者にも輝いた。桜庭和志がプロデューサーを務めるグラップリングイベント「QUINTET」ではその華麗な柔術テクニックで観客を魅了している。
中村はUFC、DREAM、戦極といった日米のメジャー団体で長く活躍。SRCウェルター級シリーズ2010王者、DEEPウェルター級王座を獲得し、2度目のUFC参戦時は強豪ひしめくUFCウェルター級戦線で4勝4敗の成績を残すなど日本のウェルター級ではトップクラスの存在。チョークスリーパーを必殺技とすることから「裸絞十段」の異名を誇る。
試合は1R開始早々グラウンドの展開となり、中村が上を取るが、この体勢はヨシオにとっても絶好のポジションでもある。すぐにスタンドの展開に戻ると中村の左のパンチでヨシオがしりもち。すぐに立ち上がるが右目尻が切れる強烈な一発。
なおもパンチで攻め込む中村。ヨシオがダウンし、中村は追撃のパウンド。足を使ってしのぐヨシオだったが、中村はそれをさばくとなおもパウンドに鉄槌。
ソウザの動きが止まったところでセコンドがタオルを投げて、中村のTKO勝ちとなった。
試合後、妻・杉山しずかへのキスは未遂に終わる
中村は試合後のマイクで「大阪のみなさーん、K太郎をなめんな! 予想では向こうが勝つみたいになってたみたいだけど、なめんなー! ということでRIZINに来ました。煽りVで堀口選手のような海外で活躍する選手に近づきたいといったが、僕もそういう選手になれる人間だと思ってるので、Bellatorとの対抗戦やりたいです!よろしくお願いします!」
試合後の会見では中村は「公式の予想で向こうが勝つ可能性が90%と出ていたので、それをあっさりと覆すことができて良かった」と試合を振り返った。そしてヨシオについては「寝技を仕掛けてきたときの圧力は感じた。立ち上がるスピードも速かった」と話した。
予告通りのKO決着については「試合前に風邪をひいてしまって1週間くらい動けなかったので、スタミナには不安があった。早いラウンドで決めたかったので、そこはすごく良かった。行き過ぎないようにとは思っていたが」
Bellatorとの対抗戦については「強い選手はいっぱいいるので...。誰がいいかな(笑)。ちょっと勉強してきます(笑)。グラップラーのネイマールじゃなくて...ネイマン・グレイシーとやりたい」とBellatorで7勝1敗の高い勝率を誇るネイマンの名前をあげた。
中村の妻はRIZINにも参戦する女子格闘家の杉山しずか。「これで家庭内での平穏も訪れると思うが、油断しないで今後も家事・育児に注力していきたい」とぽつり。
試合前にもくろむも杉山に拒否された“夫婦抱き合わせ商法”については「やっていきたいが、奥さんに気後れしているところもある。(リング上で)口づけをしようと思ったんですが、拒否もされたんで(笑)。もっとアメリカナイズされた感じで全面に出していきたいんですけど...(笑)」とこちらの行方も気になるところだ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.