画像: 川尻、上迫、サトシがTKO負け。ライト級GPで日本陣営全滅【10・12 RIZIN.19】

川尻、上迫、サトシがTKO負け。ライト級GPで日本陣営全滅【10・12 RIZIN.19】

川尻は執念のタックルもパンチの連打に沈む
「RIZIN.19」(10月12日、大阪・エディオンアリーナ大阪)で「ライト級トーナメント」が開幕し1回戦4試合が行われた。
日本から出場した川尻達也、上迫博仁、そして日本人枠として出場したホベルト・サトシ・ソウザが敗れ、日本陣営は全滅となった。
川尻はパトリッキー・“ピットブル”・フレイレと対戦。
公開練習時に「触れればテイクダウンできる」と話していた川尻。そして「下がったらテイクダウンは取れない」と勇気をもって距離を詰めていくことを宣言していた。
その言葉通り、川尻は試合開始からプレッシャーをかけ前に出る。そして片足タックルに行くがフレイレはテイクダウンは許さない。
川尻は左フックを打ちながらタックルにいくが、ここもフレイレはタックルを切って脱出。
今度はフレイレが反撃。飛びヒザが川尻の側頭部にヒットると、川尻は食らいながらもその右足をつかみテイクダウンを狙う。しかしフレイレは慌てることはなく、構わずパンチの連打。それでも右足を離さない川尻だったが、激しいパンチの連打に朦朧となったところでレフェリーが割って入り試合を止めた。
上迫は左眼窩底骨折の疑いでドクターストップ
上迫はルイス・グスタボと対戦。1R、スタンドでの打ち合いからグスタボの右フックの連打で上迫がダウン。グスタボがヒザを打ち込み追撃。しかし上迫はその足へのタックルでしのぎ、スタンドでコーナーに押し込んでいく。
この一連の攻防の中で上迫は左目付近から大量の出血。そして大きくはれ上がったことからドクターチェックが入り、そのまま無念のドクターストップがかかり、TKO決着となった。
上迫は左眼窩底骨折の疑いがあることから、そのまま病院に直行した。
サトシはケースのサッカーボールキックでTKO負け
サトシは優勝候補同士の一戦ともいわれたジョニー・ケースと対戦。
サトシが足へのタックルから引き込んで、瞬時に左腕を取り極めに行く。しかしケースが脱出してスタンドの展開に。
今度はサトシがパンチからタックルに行くが、ケースがアッパー気味に放ったパンチがサトシの左の顔面にヒット。サトシが左の顔面を押さえ、仰向けに倒れたところでケースが回り込んで強烈なサッカーボールキックを放つとレフェリーが試合を止めた。
ムサエフがブラウンとの打撃戦を制する
トフィック・ムサエフとダミアン・ブラウンの一戦は1R4分14秒でムサエフがTKO勝ちを収めた。
1R開始早々にムサエフの左インローがローブローとなり試合が中断するが、再開後は激しい打撃戦を展開する。
最後はムサエフの左ハイでぐらつき下がったブラウンにムサエフがパンチの猛攻で追撃。ロープに詰められ、コーナー下でダウンしたブラウンにムサエフが猛攻を仕掛けるとレフェリーが試合を止めた。
準決勝はムサエフvsケース、グスタボvsフレイレ
1回戦4試合が終了後に勝ち上がった4選手がリングに上がり、準決勝の組み合わせ抽選会が開催された。
その結果、準決勝第1試合は「ムサエフvsケース」第2試合が「グスタボvsフレイレ」と決まった。
4選手はケース「絶対に世界一になるから大晦日に会おう!」
ムサエフ「さいたまスーパーアリーナで皆さんにお目にかかり、良い試合をできるよう頑張ります」
グスタポ「優勝するために日本にきた。応援よろしく」
フレイレ「国を背負って勝つためにきた。絶対優勝します。みなさん応援よろしく」
とそれぞれ優勝に向けての意気込みを語った。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.