画像: 不可思が移籍後初勝利をKOで飾る【10・13 K-1 KRUSH】

不可思が移籍後初勝利をKOで飾る【10・13 K-1 KRUSH】

計3度のダウンを奪う
「K-1 KRUSH FIGHT.106」(10月13日、東京・後楽園ホール)に6月のK-1両国大会でK-1初参戦を果たした不可思が出場。堀井翼と対戦し、3R3分0秒でKO勝ちを収めた。
不可思はその6月の試合ではKRUSHスーパー・ライト級の元王者・佐々木大蔵と対戦し、出血によるドクターストップでTKO負けを喫している。
実績的に大きく上回る不可思は開始1分早々に右ストレート1発でダウンを奪う。
なおもパンチの連打で追い込む不可思。堀井はぐらつきながらも必死に立ち続け、1Rを終了。
2Rも不可思の的確なパンチが堀井の顔面を襲う。しかし堀井も時折放つ自称“ラッキーパンチ”が不可思の顔面を襲う場面も作り、反撃を見せる。
K-1名古屋大会への出場をアピール
3R開始早々に仕掛ける堀井だったが、不可思はすぐにペースを引き戻し、パンチの連打から右フックでダウンを奪う。子のダウンで動きが落ちた堀井だったが最後まで反撃を見せる。
しかし残り10秒を切ったところで不可思がラッシュ。試合終了と同時に再びダウンを奪うとレフェリーは堀井のダメージが大きいことからKO勝ちを宣告した。
不可思は試合後のマイクで「手放しで喜べる内容じゃなくて悔しいんですけど、ギリギリKOでよかった。次は年末のK-1名古屋ですかね。僕の地元で、名古屋でばっちり盛り上げるんで、よろしくお願いします」と12月のK-1名古屋大会への出場をアピールした。
スーパー・バンタム級サバイバルマッチで軍司が勝利
セミファイナルで行われたスーパー・バンタム級戦で軍司泰斗と玖村修平が対戦した。
軍司は第2代K-1 KRUSH FIGHTバンタム級王者だった昨年6月に金子晃大に敗れ王座陥落。それを機に階級をスーパー・バンタム級に上げ、2階級制覇を目指し王座決定トーナメントに出場したものの、今年2月に行われた決勝で玖村兄弟の弟・将史に敗れ、2階級制覇に失敗。それ以来の復帰戦が兄の修平との対戦となった。
対する修平は6月のK-1両国大会での「K-1スーパー・バンタム級世界最強決定トーナメント」準決勝で武居由樹に敗れて以来の復帰戦となる。
今後上を目指すにはともに連敗は避けたいところで、シビアなスーパー・バンタム級のサバイバルマッチとなった。
強烈なボディーブローでダウン奪う
試合は静かな立ち上がりからハイテクニックな打撃の攻防を展開。2Rになると軍司の手数が増えてくる。そしてラウンド終盤に軍司が右フックからパンチの連打でコーナーに詰めると、左ボディーでダウンを奪う。
3R、軍司は左ボディーからパンチの連打、ヒザで追い詰めていくが、修平はしのいで反撃。しかし軍司の手数と圧力は衰えず。試合は判定となったが、ジャッジ3者とも軍司を支持。軍司にとっては大きな勝利となった。
「K-1 KRUSH FIGHT.106」(10月13日、東京・後楽園ホール)
◆プレリミナリーファイト第1試合/K-1 KRUSH FIGHTバンタム級/3分3R
●光佑(WSRフェアテックス三ノ輪)(1R1分18秒、KO)池田幸司池(ReBORN経堂)
◆プレリミナリーファイト第2試合/K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R
○鈴木孝司(K-1ジム蒲田チームキングス)(判定3-0=29-27、29-27、29-27)塚本拓真(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)●
◆プレリミナリーファイト第3試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R
○三輪裕樹(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=28-27、28-27、28-27)聖也(WSRフェアテックス西川口)●
◆第1試合/K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
林 将多(FLYSKY GYM)(不戦勝=林が公式計量をクリアできず)蓮實 光(パラエストラ栃木)〇
◆第2試合/K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
●和夢(Gwinds)(判定0-3=26-30、26-30、26-30)山浦力也(北斗会館浅科道場)〇
◆第3試合/K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
○桝本翔也(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)(判定3-0=29-28、30-29、30-28)足利正和(TEAM Aimhigh)●
◆第4試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
●小倉尚也(スクランブル渋谷)(延長判定1-2=9-10、10-9、9-10 ※本戦1-1=30-29、29-28、29-29)龍斗(K-1 GYM横浜infinity)○
◆第5試合/K-1 KRUSH FIGHTクルーザー級/3分3R・延長1R
○植村真弥(WSRフェアテックス幕張)(判定3-0=30-27、30-27、30-26)工藤勇樹(エスジム)●
◆第6試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
○大岩翔大(湘南格闘クラブ)(判定3-0=30-27、30-27、30-26)KOUMA(WSRフェアテックス荒川)●
◆第7試合/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・ライト級/3分3R・延長1R ○不可思(クロスポイント吉祥寺)(3R3分0秒、KO)堀井 翼(ネクサスジム)●
◆セミファイナル(第8試合)/K-1 KRUSH FIGHTスーパー・バンタム級/3分3R・延長1R
○軍司泰斗(K-1ジム総本部チームペガサス)(判定3-0=30-28、29-28、30-28)玖村修平(K-1ジム五反田チームキングス)●
◆メインイベント(第9試合)/K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
○高梨knuckle美穂(Y'ZD GYM)(延長判定3-0=10-9、10-9、10-9 ※本戦0-1=28-30、29-29、29-29)ヤーフォン・アユタヤファイトジム(タイ/Ayothaya Fight Gym)●

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.