画像: TOKYO MX『バラいろダンディ』がリニューアル 新コンビ誕生!垣花正と大島由香里に意気込みを聞く

TOKYO MX『バラいろダンディ』がリニューアル 新コンビ誕生!垣花正と大島由香里に意気込みを聞く

TOKYO MXの看板番組『バラいろダンディ』が9月30日から新しいMCとアシスタントに垣花正と大島由香里(月曜~木曜)、宮崎謙介と新井麻希(金曜)を迎えパワーアップした。垣花正と大島由香里に話を聞いた。
まず、これまでに『バラいろダンディ』は?
垣花「見ていました。とにかくネットニュースによくなる番組なので」
大島「1回の放送で2ネタ以上はニュースになっていますからね」
今まではどんなイメージを?
大島「なんだろう...怖い(笑)。本音が飛び出すからこそ、ちょっと怖いなって思っていました。見ているほうもハラハラする怖いもの見たさの番組という感じがしていました」
垣花「怖いというか、MXの『5時に夢中!』もバラダンも本音というか、よそがやらないことをやっちゃう感じがすごくかっこよく見えていましたし、MXのいいブランドのイメージがある番組だなと思って見ていました」
垣花さんはラジオDJとして長く活躍。ラジオはそこそこ自由な気もするが...。
垣花「いえいえ全然ですよ。僕は朝の番組をやっているんですが、朝の番組ではなかなか...いけないですよ。深夜放送やお笑い芸人の方とかだったら踏み込んだ発言も可能かと思いますけど。MXでは深夜ラジオのようなことを夕方5時や夜の9時にテレビでやっている。そこらへんを大島さんは“怖い”と言うんだろうし、僕には“かっけー”というふうに見えるんだと思います」
今回のオファーが来た時に正直どう思いましたか?
大島「うれしかったです。去年、『5時に夢中!』のふかわりょうさんの代行を1日させていただいたことがあったんですが、その時の雰囲気が忘れられなかった。今までに感じたことのない刺激を1時間で大量に受けました。それまで私は報道番組ばかりだったもので、発言にはかなり制限がありましたし、もちろん私見は述べられない。でも“どちらかというと『5時に夢中!』のほうが本当の自分なんじゃないの?”という思いが私の中でもありました。なのでレギュラーのお話をいただいた時に“私はMXに毎日出入りできるんだ!”という喜びがありました(笑)。この一員になれたという感じがすごくうれしかったです」
垣花「僕も一緒です。やっぱりMXの空気を知っている人は、ここに毎日来ていいんだという喜びはあると思いますね。MXの雰囲気を知らない人にはこのニュアンスは伝わらないかもしれないですけど。僕は4月に会社を辞めて、ホリプロにお世話になった時に“何かやりたいことはありますか?”と聞かれたので“MXに出たい”って言ったんです。そうしたら『5時に夢中!』の話が本当に来た。その1回だけでも、もう“辞めて良かった”と思いました(笑)。だからそれからバラダンに呼んでもらったり、レギュラーになったりというのは、自分の中ではうれしすぎることなんです」
では改めて実際にスタートしてみてどうですか?
垣花「さっき大島さんが言った言葉を今思っています。怖い(笑)。この番組ってすごくブランドもあるし、チームワークもそれぞれの曜日であるから、そこに後から加わるのは、すごいスピードで走っているクルマに飛び乗ろうとしている感じ」
大島「垣花さんも私もゲストとしては何回も出演させてもらっていたんですけど、やはりMCとなると、見るとやるとでは大違い。猛者たちをいかに仕切るかというプレッシャーもありますし、実際に何が飛び出すかは始まってみないと分からない状況。月~木曜のそれぞれで別の番組をやっている感覚です(笑)」
大島さんはフジテレビの頃から本当はこういうことがやりたかった?
大島「フジテレビ入社当時からずっとやりたかったんです。もちろん“なんでもやります”とは言っていましたが、特に情報バラエティーがやりたかった。なので、フジテレビに11年いて、ずっとできないもどかしさみたいなものはありました。何回かはやらせてもらったんですけど、ここまでがっつり本音をぶつけ合う番組ってなかなかないじゃないですか。だからこそ、こうやって初めて情報バラエティーのMCをさせてもらうのが『バラいろダンディ』で、いきなりすごいところに飛び込んでしまったなという感じですけれど、逆に私に対して抱いているイメージを一番効果的に壊せる場所だなというふうに思えるので、それはありがたいですね」
これから仕事の幅が広がりそう?
大島「そうなるといいなと思いますけど、“あれ? そんな人だったんだ”って思われて逆に減ったらどうしましょうね(笑)。でも今までがかなり堅いイメージだったので、バラダンくらいの力がないと壊せないんじゃないかなと思います(笑)」
ダンディの皆さんも他の番組よりここでは明らかにギアが違う。
垣花「みんな本気で来てますよね。ここだけは絶対に自分の色を出すんだ、と言う感じ。それは今、レギュラーになってから思うんじゃなくて、以前から思っていました。ここに出ている人たちはここだけの自分を出しに来ている」
大島「多分、安心して喋れる場所なんだろうなということはすごく感じます。ふざけているようで...真面目にふざけている空気を出すというのがすごい。皆さん根本的には真面目。すごく真面目にくだらないように見えることを言うというのが、すごいなって思います」
レギュラーメンバーを眺めて、これは要注意だなって思った人は?
大島「苫米地さん(注:月曜隔週コメンテーターの苫米地英人さん)の尺には要注意ですかね(笑)」
垣花「大島さんとプロデューサーの方と話した時に“苫米地さんはすげえ”“話は面白いけど、尺ぶっ飛ばすぞ”“しかも止めようがない”って聞いて、それはすごいなと思いました」
大島「なんか、スタジオのみんながすっと何もしなくなる(笑)。MCとしてはその場を仕切らなきゃ、というかある程度尺管理もしないといけないじゃないですか。その後のコーナーも待っているので」
垣花「各曜日にシュートを決めるストライカーがいる。僕はそういう人たちに、いかにいつもと変わらず気持ちよくシュートを打ってもらえるかということを結構考えますね。あの人たちはパスをあげなくても勝手にシュートを決める人たちだから。どうしたもんかなって」
垣花さんはこれという要注意人物は?
垣花「言えるわけないじゃないですか。大島さんは言ってもいいんですよ。僕は言えません(笑)」
大島「ひどい! 完全に盾にされてる(笑)」
新レギュラーとしての抱負をお願いします。
大島「ここは皆さんが気持ちよくしゃべる場だと思うので、それを邪魔しないように、なおかつ皆さんの言葉の持つパワーを何倍にも引き出せるようになったらいいな、と思います」
垣花「まずバラダンというブランドイメージが僕の中ですごくあるので、それをすごく大事にできればな、と思います。垣花が入ったからバラダンらしくなくなった、とは絶対に言われたくはないし、よりバラダンぽくなったと言われる感じになればいいなと思います。それもやってみないと分からないんですけど(笑)」
「バラいろダンディ」
毎週月〜金曜日21時〜21時54分 金曜新MCとアシスタントは宮崎謙介と新井麻希

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.