画像: 安保瑠輝也が前回の判定に不満たらたらのゲーオを「ダサい」と一刀両断【12・28 K-1名古屋】

安保瑠輝也が前回の判定に不満たらたらのゲーオを「ダサい」と一刀両断【12・28 K-1名古屋】

名古屋大会で安保vsゲーオのダイレクトリマッチが実現
K-1が新体制になってからの初めての名古屋大会となる「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」(12月28日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の第一弾カード発表会見が10月16日、都内で開催された。
K-1 WORLD GP スーパー・ライト級王者・安保瑠輝也が前王者ゲーオ・ウィラサクレックを相手に初防衛戦に臨む。
2人は6月の両国大会で王者ゲーオに安保が挑戦する形で対戦。延長に及ぶ接戦の末、安保が勝利を収め悲願のベルトを獲得した。
しかし安保は試合内容に満足できず、リング上で再戦をアピール。一方、ゲーオは陣営が判定に不満をあらわにしていた。
この日、安保は入場するやベルトを会見場の中央に座る中村拓己K-1プロデューサーのゲーオ側に置き、ベルトを持たずにゲーオとのフォトセッションに臨んだ。
会見ではまずゲーオが「今回このような機会をいただけてうれしい。全力で戦ってベルトを取り戻したい」
安保が「前回勝ってチャンピオンになったが、今、自分の前にベルトがないように、自分のことを本当のチャンピオンとは思っていない。今回、白黒はっきりつける。完全にKOして、自分のことをチャンピオンと認められるように、この試合をしっかり勝ちたい」などとそれぞれ挨拶した。
ゲーオ「中立な立場でジャッジしてほしい」
しかしゲーオが前回の試合について「個人的な意見ですと3Rで自分が勝っていたと思う。延長でも勝っていたと思う。もっと中立な立場でジャッジしてほしいと思った」と判定への不満を漏らし、当時のコンディションについて「前回は6カ月試合をしていなくて、体がなまっていたと思う。今回は実戦練習も含めてやっていきたい」と言うと安保は「今のコメントを聞いて言い訳っぽいと思った。6カ月空いたと言っているが、今回の試合も前回から6カ月空く。本戦で勝っていたとか延長でも勝っていたというが、負けた理由はつかんだから。ルールを守れていないから負けたのであって、そんな選手はチャンピオンにふさわしくない。僕は自分でも勝ったとも思っていないし、負けたとも思っていない。だから挑戦者だと思っている。今回、KOで勝って自分がチャンピオンだということを証明したい。今の言葉を聞いて特にそう思った」と一刀両断した。
そして安保は「距離感やフェイントというものは今までやったどの選手よりうまかったから自分は倒しきれなかった。それは認める」としながらも「振り返ってみると、大きく見すぎていた。次は1Rからがんがん前に出て、パンチをとにかく放り込んでいこうと思っている。確実にKOで倒すので、今、ゲーオ選手に言いたいのは“クリンチだけはするなよ”ということ。完全にぶっ倒す」と作戦まで明かしてKO宣言と同時にクリンチに関してのきつい一発をお見舞いした。
安保「敬意は持っているが、さっきの発言に関してはシンプルにダサい」
これに対しゲーオは「私はムエタイ選手なので、たまに癖が出てしまうことはある。今回はつかむつもりはない。K-1ルールに従って試合をする」と涼しい顔。そして「もし瑠輝也選手が本当のチャンピオンだというなら、今回、私を倒してみてください。今回はみなさんに分かりやすいようにKOしたい」とこちらも前王者としての強烈なプライドを見せつけた。
安保は最後に「2014年のゲーオ選手の試合を見て上京することを決めた。刺激を与えてくれた選手なので敬意は持っている。ただ、さっきの発言に関してはシンプルにダサい」と締めくくった。
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」(12月28日、愛知・ドルフィンズアリーナ)
〈この日発表された対戦カード〉
◆K-1 WORLD GP 初代女子フライ級王座決定トーナメント ・一回戦(1)/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA vsクリスティーナ・モラレス(スペイン/Team Jesus Cabello)
◆K-1 WORLD GP初代女子フライ級王座決定トーナメント ・一回戦(2)/3分3R・延長1R
(スウェーデン/Allstars training center)ヨセフィン・ノットソンvsメロニー・ヘウヘス(オランダ/Mike’s gym)
◆K-1 WORLD GP初代女子フライ級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
(日本/NEXT LEVEL渋谷)壽美vs真優(日本/月心会チーム侍)
◆ [K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/team ALL-WIN)安保瑠輝也vsゲーオ・ウィラサクレック(挑戦者/タイ/WSRフェアテックスジム)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.