画像: K-1が初の女子王座制定。KANAが王座決定トーナメントに出場【12・28 K-1名古屋】

K-1が初の女子王座制定。KANAが王座決定トーナメントに出場【12・28 K-1名古屋】

因縁のヨセフィン、ヘウヘスもエントリー
K-1が新体制になってからの初めての名古屋大会となる「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」(12月28日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の第一弾カード発表会見が10月16日、都内で開催された。
K-1で初となる女子王座が制定されることとなり、「初代女子フライ級王座決定トーナメント」が開催されることが発表された。
トーナメントは4人参加で行われ、日本からはK-1 KRUSH FIGHT女子フライ級王者のKANAがエントリー。
対戦カードは1回戦がKANA vsクリスティーナ・モラレス(スペイン)、ヨセフィン・ノットソン(スウェーデン)vsメロニー・ヘウヘス。この2試合の勝者が決勝を争うこととなる。
クリスティーナはスペインの国内タイトルを総なめにしているファイター。今年に入ってISKA女子世界-48kg王座も獲得している。
ヨセフィンとヘウヘスK-1、KRUSHの常連でKANAとはそれぞれ1勝1敗の戦績を残している。
KANA「ここまで支えてくれた人たちのためにもベルトを巻きます」
この日の会見にはトーナメント出場選手ではKANAのみが登壇。
KANAは以前から希望していたK-1女子王座設立に「念願の世界トーナメントが決まった。自分がシルバーウルフに入門してすぐに新生K-1が始まって、そのころは女子のK-1はないのかなと思うくらいに思っていた。KRUSHのベルトを巻いたときからK-1に出場したいという目標ができた。去年のK'FESTA.1で初めて女子の試合が組まれた。今年もK'FESTA.2で出場することができた。そこから世界トーナメントという目標がリアルになってきた。そこから自分の納得のいく試合ができなかったり、ヨセフィン選手に負けてしまって、ちょっと遠回りしたかと思うが、12月に開催することが現実となった。女子の世界トーナメントということで見たいという意見もあれば、盛り上がらないだろうという意見もある。そこはしっかり受け止めているので、必ず責任を持って大会を盛り上げたい。まず世界トーナメントという目標が現実になった。12月28日は初代のベルトを自分がまくという目標が現実になる。ここまでの道のりを支えてくれて応援してくれた人たちのためにもベルトを巻きます」とベルトへの決意を語った。
決勝については「2人とも戦っていて、タイプが違う選手なので、どっちが勝つかという予想がつかない。ヨセフィン選手は技術もテクニックもあって、やりにくい選手。メロニー選手は一発が怖くて、一発で倒せるプランも持っているので、どういう試合になるか自分の楽しみ。1勝1敗同士なので、完全決着をつけるためにもどっちが上がってきてもしっかり倒したい」などと話した。
リザーブファイトは壽美vs真優
この日はリザーブファイトとして壽美vs真優戦が行われることも合わせて発表された。
壽美は8月のKRUSHでヨセフィンの対戦相手に抜擢されたが無念の判定負け。今回は初のK-1参戦となる。真優は今年8月のK-1大阪大会でKANAの対戦相手に抜擢されたものの、こちらも判定負け。しかしともに強豪選手に善戦したファイト内容が評価され、リザーブファイトの出場となった。
真優は「前回、大阪のK-1大会で負けてしまってトーナメントには出られなかったんですが、こうやってK-1に戻ってこられてうれしく思う。対戦相手の壽美選手とはアマ時代に1勝1敗。ここで決着をつけて、リザーブファイトの仕事をしっかりしたい」
壽美は「K-1のリングに立てることをうれしく思う。リザーバーだが2試合するつもりで練習している。リザーバーが奇跡を起こすといったストーリーを作りたいと思っている。真優選手とは1勝1敗なので、K-1のリングでしっかりと決着をつけたい」とそれぞれ話した。
壽美は11月に香港での試合が発表されているのだが、その結果にかかわらず、リザーブファイトに出場。2カ月続けての連戦となるが「この間、ヨセフィン選手に負けてしまったが、香港の試合のお話をいただけたおかげで落ち込むことがなく、切り替えて練習に臨めた。ヨセフィン選手との試合で自分の経験値のなさや引き出しの数の違いを感じた。香港で勝ってしっかり経験を積んで、K-1に臨めるように気合が入っている」と連戦にも不安はないもよう。
香港での試合を挟むことによって相手の経験値が大きく変わってくることになるが、真優は「自分は海外で試合をしたこともないし、練習もしたことはないが、ジムの先輩たちが一緒に練習していて、勝つためにみんなでサポートし合っているので、経験値が違っても負ける気はしない。そこは心配はない」と話した。
最後に真優は「トーナメントには選ばれなかったが、自分はまだまだ世界のレベルではないのは分かっている。でも選ばれている日本人選手がKANA選手だけなので、“KANA選手だけを選んだのはもったいなかった”ということをファンの方に見せたい。トーナメントの選手に負けないようにしっかり盛り上げたい」
壽美は「ヨセフィン選手という強い選手とやらせていただいたことで、トップの選手との差を感じて、やらなければいけないことが多いということを気づかせてもらった。気合が入った。トーナメントに出場する選手がすごい試合すると思うが、負けないくらいしっかり盛り上がる試合をしたい」とそれぞれ意気込みを見せた。
女子はアトム、ミニマム、フライの3階級を制定
またこれを機に今後K-1ジャパングループでは「国内外の女子選手が多くK-1に参戦できるように」ということで、女子についてはアトム級(-45kg)、ミニマム級(-48kg)、フライ級(-52kg)の3階級を実施していくという。
KRUSHのフライ級はこれまで-50kgだったのだが、KANAはそのままKRUSH王者として認定される。
3階級を制定することについて中村拓己K-1プロデューサーは「5キロ刻みだとどちらかに合わせてやることが難しい選手も多かった。男子も新生K-1が始まったころは5kg刻みだったが、今は2.5kg刻み。KRUSHでも女子の選手がどんどん増えてきたし、アマチュアからデビューする選手も増えてきた。よりベストな体重で戦える階級をと考えて3階級にした。そこを目指してもらうほうが選手もモチベーションが上がると思った」などと説明した。
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」(12月28日、愛知・ドルフィンズアリーナ)
〈この日発表された対戦カード〉
◆K-1 WORLD GP 初代女子フライ級王座決定トーナメント ・一回戦(1)/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA vsクリスティーナ・モラレス(スペイン/Team Jesus Cabello)
◆K-1 WORLD GP初代女子フライ級王座決定トーナメント ・一回戦(2)/3分3R・延長1R
(スウェーデン/Allstars training center)ヨセフィン・ノットソンvsメロニー・ヘウヘス(オランダ/Mike’s gym)
◆K-1 WORLD GP初代女子フライ級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
(日本/NEXT LEVEL渋谷)壽美vs真優(日本/月心会チーム侍)
◆ [K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/team ALL-WIN)安保瑠輝也vsゲーオ・ウィラサクレック(挑戦者/タイ/WSRフェアテックスジム)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.