画像: フードコートにたこ焼き&ソフトクリームロボ出現!「ポッポ幕張店」オープン

フードコートにたこ焼き&ソフトクリームロボ出現!「ポッポ幕張店」オープン

セブン&アイ・フードシステムズは17日、関東地域の飲食店では初となる2種の調理ロボットを導入した新店舗「ポッポ幕張店」をイトーヨーカドー幕張店内にオープンする。導入されるのは調理ロボット開発を行うコネクテッドロボティクスの自動たこ焼き調理ロボット「OctoChef(オクトシェフ)」(愛称:ハッピー)と、ソフトクリームロボット「レイタ」(愛称:ワンダー)。オープンに先駆けて16日にプレス向け発表会・試食会を行った。
たこ焼きロボット「OctoChef」は片面48個で2面分、最大で合計96個のたこ焼きを約20分間で焼き上げる。まず油を注いで1回目の生地を流し込み、従業員がセットした具材をホッパーという容器から投入してさらに2回目の生地を流し込む。スクレーパーで生地をならした後に鉄板を振動させ、画像認識で焼き加減や回転を判別し、回転していないたこ焼きを大阪人のようにピックで回転させる。人間より確実なタイムラインで作業することにより、均一な品質に仕上がるという。
ソフトクリームロボット「レイタ」は従業員からコーンを受け取るとソフトクリーム機の方向に向き、サーバーから出てくるクリームの重さを測りながら美しい形になるよう調整してソフトクリームを巻き上げる。こちらは単純な人件費の削減だけでなく、しゃべる機能を搭載して利用者に楽しんでもらい、フードコートの売り上げを上げる効果も担う。また、どちらも人材教育の時間や食材のロスを大きく削減できるところもメリットとなる。
コネクテッドロボティクスの沢登哲也代表取締役は「我々のビジネスモデルはRobotics-as-a-Service(月額課金型サービス)というものです。導入時はなるべく低価格で、月ごとにアップデートやサービスをサポートする、いわゆるサブスクリプションモデル。よりかんたんにロボットを導入してもらい、(ロボットの)目指すところまで一緒にお客様と伴走できるようなモデルにしている」と語る。
セブン&アイ・フードシステムズの小松雅美代表取締役社長は「営業時間が10時間として、(ロボットの)労働時間は1日約7時間程度を見込んでいる。一部人の手でアシストする作業が出てくるが、たこ焼き機に人間が付きっきりの状態からは解放される」と労働環境の改善に期待を寄せる。お皿への盛り付けや提供など、最終的な商品の品質に関わる部分やサービスについては従来通り従業員が行う。
セブン&アイ・フードシステムズではファストフード店舗の中でPDCを回しながらコネクテッドロボティクスと連携し、今後も代替できる作業があれば積極的なロボットの導入を進めていく。ただし無人店舗を目指すものではなく、あくまで人の温もりは必要だと考えているという。調理ロボットと人間が協働しながらサービスを行う新店舗「ポッポ幕張店」は17日9時にオープン。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.