画像: 最新のクルマ・バイクが集結する秋のイベント「第46回東京モーターショー 2019」

最新のクルマ・バイクが集結する秋のイベント「第46回東京モーターショー 2019」

「東京モーターショー」が10月25日に開幕する。自動車に関連する最新の情報、技術、デザイン、そしてアイデアなどが集結するコンベンションで、開催されるたびに国内外から熱い視線を集めている。
今回のテーマは「OPEN FUTURE」。自動車業界だけでなく、ほかの業種や領域と一緒になって、「人がワクワクする未来」を提示する。それゆえに、モーターショーの既存の形にとらわれることなく、さまざまなアングルからの自動車の楽しみ方を提案してくれそうだ。
もちろん、新車の初披露や、自動運転や空飛ぶ車などの展示も。eモータースポーツの大会やアイドルによる音楽ライブなども予定されている。
ローソン・ミニストップ店頭Loppiにて発売中
【日程】プレビューデー:10月25日(金)9〜14時 一般公開日:10月25日(金)〜11月4日(月・休)月〜土10〜20時、日・休10〜18時 ※25日は14〜20時
【会場】東京ビッグサイト及びお台場周辺エリア
【料金】プレビューデー:プレビューデー入場券(中学生以上)¥3,800 一般公開日:前売入場券¥1,800、当日入場券¥2,000、2DAYパス¥3,500、アフター4入場券¥1,000
【備考】プレビューデー入場券は数量限定、同日の一般公開時間も入場・滞在が可能。一般公開日は高校生以下無料。アフター4入場券は日休日を除く月〜土の16時以降のみ有効。
【チケットの購入及びお問い合わせ】https://l-tike.com/event/tokyo-motorshow2019/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.