画像: フェザー級戦でSASUKEが一本勝ちで復帰後2連勝。敗れた稲葉聡は引退表明【10・20 修斗】

フェザー級戦でSASUKEが一本勝ちで復帰後2連勝。敗れた稲葉聡は引退表明【10・20 修斗】

フロントスリーパーががっちりと極まる
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO GIG TOKYO Vol.28」(10月20日、東京・新宿FACE)のセミファイナルで行われたフェザー級戦で35歳のベテラン・稲葉聡と25歳のSASUKEが対戦。SASUKEがフロントスリーパーで一本勝ちを収めた。
SASUKEは今年7月に約3年ぶりの復帰戦でTKO勝利を収めており、復帰後2連勝。フェザー級戦線に新風を巻き起こしそうだ。
1R、SASUKEは稲葉のパンチを受け止めると足を取ってそのまま押し込み、コーナーでバックを取る。しかしすぐに離れて右ストレート。そして再度組みつくが、稲葉はプッシュして離れて打撃戦へ。
稲葉の右ミドルをSASUKEがキャッチしてテイクダウン。素早くバックを取るとスリーパーを狙う。稲葉が立ってSASUKEが背に乗ると稲葉が前に落として組みついていくが、SASUKEはフロントチョークにとらえる。稲葉はリフトして落とすがサスケは離さない。稲葉は首を取られたまま足をたたみに行くがサスケは許さない。稲葉が再度持ち上げて落としていくがSASUKEは離さず、グイと絞め上げると稲葉がたまらずタップした。
稲葉「最後は修斗で終わりたいというのもあった」
試合後、稲葉は「なんとか現役を続けることができて、30戦くらいからは1試合1試合、これが最後かなと思いながらやってきたが、なかなかすかっと勝てなくなってきた。最後にいい選手ともできたし、最後は修斗で終わりたいというのもあった。長い間、総合格闘技ができて良かった。ありがとうございました」とリング上で引退を表明。急きょ10カウントゴングが鳴らされた。稲葉はこの日の試合でMMAで35戦を戦い16勝15敗4分の成績を残した。
稲葉はアマ修斗からプロとなり、キャリアの中盤はパンクラスに参戦。昨年7月に修斗に復帰し、先日行われた「ONE Warrior Series: 日本vs.世界」で勝利を挙げた工藤諒司と引き分けるなどフェザー級で存在感を発揮していた。
“天才高校生シューター”といわれた安芸柊斗が復活勝利
第7試合で行われたストロー級戦では“天才高校生シューター”といわれた安芸柊斗がベテランの牧ケ谷篤と対戦。1R、TKOで復活勝利を収めた。
1R序盤から安芸が打撃で攻め込んでいく。ロー、右フックを放つと嫌がる牧ケ谷はタックルに行くが、安芸は難なく切ると左右のパンチから左ハイ。ヒザをついた牧ケ谷がなおもタックルに行くが、安芸は切ると左ハイ。頭が下がった牧ケ谷にアッパーを打ち込むなど付け入るすきを与えない。牧ケ谷の動きが止まったところでレフェリーが試合を止め、安芸が1R1分20秒でTKO勝ち。昨年末からの木内 SKINNY ZOMBIE 崇雅、本田良介といった格上相手の連敗を止め、復活ののろしを上げた。
プロフェッショナル修斗公式戦「SHOOTO GIG TOKYO Vol.28」(10月20日、東京・新宿FACE)
◆メインイベント 第10試合 バンタム級5分2R
◯加藤ケンジ(K.O.SHOOTO GYM)(判定3-0=20-18、20-18、20-17)ガッツ天斗(パラエストラ綾瀬)●
◆セミファイナル 第9試合 フェザー級5分2R
●稲葉 聡(秋本道場Jungle Junction)(1R3分48秒、フロントスリーパーホールド)SASUKE(MASTER JAPAN)◯
◆第8試合 バンタム級5分2R
●一條貴洋(ブレイブハート)(判定0-3=18-20、18-20、18-20)榎本 明(リバーサルジム東京スタンドアウト)◯
◆第7試合 ストロー級5分2R
◯安芸柊斗(MMA Zジム)(1R1分20秒、TKO)牧ヶ谷篤(和術慧舟會群馬支部)●
◆第6試合 フライ級5分2R
●代輔(秋本道場Jungle)(1R2分35秒、TKO)輝龍(roots)◯
◆第5試合 フェザー級5分2R
●藤木龍一郎(和術慧舟會AKZA)(判定0-3=18-20、18-20、18-20)葛西 達(ブレイブハート)◯
◆第4試合 ウェルター級5分2R
◯宍戸 航太(SHOOTO GYM K'z FACTORY)(判定3-0=20-18、20-18、20-18)井口 マサト(AACC)●
◆第3試合 フライ級5分2R
●大竹 陽(SHOOTO GYM K'z FACTORY)(2R2分21秒、TKO)新井 丈(キングダム立川コロッセオ)◯
◆第2試合 バンタム級5分2R
△水島 宏(roots)(判定0-1=18-20、19-19、19-19)岩鬼(フリー)△
◆第1試合 バンタム級5分2R
●奥平季之(CROW FOREST)(1R3分58秒、TKO)関根 累(roots)◯

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.