画像: 驚きのタッグ実現の舞台裏とは? 松尾スズキ × 中山美穂 インタビュー

驚きのタッグ実現の舞台裏とは? 松尾スズキ × 中山美穂 インタビュー

映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』
松尾スズキが監督・脚本・主演すべてを務めて挑むの長編監督映画4作目は、男と女の悲喜こもごもを、ジャンルも常識も越えて描く“18禁コメディー”!? 松尾演じる主人公・海馬五郎の妻で元女優の綾子役には、昨年のドラマ『黄昏流星群』も話題を呼んだ女優・中山美穂。驚きのタッグ実現の舞台裏とは?
脚本家・海馬五郎は、愛する妻・綾子がSNSで若いコンテンポラリーダンサーへの恋心を綴っていることを知り、離婚を決意。財産分与で綾子に支払う額を減らすため、海馬は金を使って、綾子のSNS投稿についた「いいね!」の数=108人の女を抱くという復讐計画を立てる...!
この驚愕のストーリーに加え、R18指定も納得?の衝撃描写。女優選びは難航間違いなしに思えるが、最初に興味を示したのは中山美穂のほうだったとか。
松尾スズキ(以下:松尾)「以前に同じドラマに出演したきっかけで一緒に食事する機会を頂いて。その席で初めて中山さんとお会いしたんだけど僕は緊張してすぐ話すことが無くなっちゃって(笑)、今こんな映画を撮りたいと思っているんですけど宙に浮いているんです、という話をしたら、中山さんがすごく面白がってくれて」
中山美穂「そのときに、すごく面白そうなのでぜひ出演させていただければ、とお伝えしたんです」
松尾「でもそのときはまさか中山さんが...と、僕も真に受けてなくて。それからしばらくして、ある日知り合いから“今、中山さんといるんだけど、松尾さんのあの映画、すごく面白そうだって言ってるよ”と電話をもらい、せっかくだからシナリオを読んでもらおうかなと送ったら速攻で“すごく面白いです!”とお返事を頂いたんです」
中山「最初に本作のお話を伺ったときから面白そうと思いましたし、送っていただいたシナリオが本当に面白くてぜひともやってみたい、と。ただ過激なシーンが実際にどうなるのか、私で大丈夫なのか、といった不安も確かにありました。でも監督が、絶対に大丈夫、面白いものを作りますとおっしゃってくださったので、私も覚悟を決めました(笑)」
松尾「僕も綾子という役はぜひ中山さんに演じてほしいと思いました。この脚本を読んで、あの役を演じようと思ってくれた。女優さんからしたらかなりハードルの高い役なのに、それを越えてやりたいと言ってくれた。シナリオに惚れてくれたというのはやっぱり大きかった。それと、今の中山さんの持つミステリアスな印象は綾子役にぴったりだと思ったんです。自信だけはあったんです。中山さんに出てもらえれば間違いない、と。シナリオにも自信はありましたし。秋山菜津子さんや岩井秀人さん、坂井真紀さんといった脇を固める人たちがコメディーをばっちりやってくれるのは間違いなかった。僕がドタバタしているのと反対に、中山さんが映画の芯として謎めいていてくれる。それが作品を深くしてくれるという自信があったんです。だから、大丈夫です、思うほど過激にはなりませんよ、とお伝えして。でも結局、過激になっちゃったかな(笑)」
突然、見知らぬ一面を明かす現実の綾子と、海馬の頭の中でどこまでも謎めく妄想の綾子。劇中では官能シーンだけでなく、ホラーさながらのバトルシーンも...。
中山「後にも先にも私にこういうシーンがまわってくることはもうないだろうと、ひたすら楽しんで、とことんやりたいと思いました(笑)」
松尾「中山さんって“大女優感”がまったくないんですよね。すごくフラットな状態で現場に臨んでくれて、こういうシーンはNG、みたいなこともないし。作品を作るために来ている、という姿勢がすごく伝わってくる。僕は今回、手いっぱいだったから本当に助かりました」
中山「監督をしながら主演も務められて、その中で考えなきゃいけないこともたくさんおありでしょうし、すごく頑張っていらっしゃるなと思って、自分もできることはやろう、と。大変な状況なのに“そこ、違う!”みたいな大暴れすることもなく、静かにしていらっしゃる姿が、日に日にかわいく思えてしまって(笑)」
松尾「無駄なエネルギーは一切使いたくなかったので(笑)。完成した映像を見ていて、僕自身の女性に対するあこがれやファムファタル的な存在への思いとか、不信感、恐怖といったものを、綾子がすべて背負っていると思いました。だからゼロから100まですべて中山さんに演じてもらった気がしています」
もともと松尾作品の大ファンだったという中山。
中山「うまく言えないんですけど、本当に松尾さんの笑いのセンスが好きなんです。ここでそう来る!?と、思わせられるんですよね。松尾さんの脚本はセリフどころかト書きも含めて面白くて、もう読み物です(笑)」
松尾「今回、綾子の役どころ的に中山さんにはコメディータッチの演出はとくにつけなかったですけど、いつかまた(笑)。まあ、海馬の妄想の中で戦っているシーンなどはありますけど、あれはコメディーというよりホラーですしね(笑)」
中山「そういえば撮影が始まる前に松尾さんに、これってどのジャンルですかとお伺いしたら“それが分かったら僕はこの作品を作っていない。この仕事をしていないと思います”とおっしゃって、私はその言葉にすごく感動したんです」
松尾「そんな偉そうなこと言いましたっけ(笑)。確かに僕は、根本に笑えるものが作りたい、という思いはあるんですが、ただ笑うためだけのコメディーを作ったことはないんです。僕が描きたいのは、コメディーと本質的なものの間に横たわる何か。今回の作品でもそうですが、ホラーの要素があったりね。夫婦という樹海にさまよいこんだ人間の姿がときにおかしく、ときに悲惨に見えたり、さみしく見えたりする。結局、自分はそういう作品を作りたいんだろうなと思う」
中山「私も自分がどんな役を演じるかということより、そういう作品に携わることに喜びを感じます」
松尾「役より作品、という考え方をする女優さんってすごいですよ。なかなか言えないことだと思う。でも今後、こういう役ばかりオファーが来てもね(笑)」
中山「そうなんです(笑)。どういう役が...ではなく、松尾さんの、この作品だから演じさせていただきたかっただけなので」
松尾「最初に現場に入ってらしたときから“私はこの作品の登場人物を全うするために来た”という姿勢を感じました。中山さんが、女優然としていない人というのは意外でした。大女優というと、現場に入ってくるときに“皆さ~ん、どうぞよろしく~”みたいな(笑)」
中山「そう見られがちなんですけど...そういうの、ないんです。アイドルとしてやっていたころはその世界がすべてだったんですけど、そこから飛び出たら...こんな感じになっちゃいました(笑)」
松尾「いい意味で裏切られました(笑)」
妻に裏切られた男が愛憎の果てにたどり着くのは...? 先入観もジャンル分けも不要の一本!(本紙・秋吉布由子)
映画『108~海馬五郎の復讐と冒険~』
監督・脚本・主演:松尾スズキ 出演:中山美穂、秋山菜津子、岩井秀人、坂井真紀他/1時間42分/ファントム・フィルム配給/10月25日(金)よりTOHOシネマズ 日比谷他にて公開 108-movie.com

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.