画像: 「第32回東京国際映画祭」見どころPick Up!【10.28〜11.5開催】part.2

「第32回東京国際映画祭」見どころPick Up!【10.28〜11.5開催】part.2

今年で第32回を迎える東京国際映画祭(以下:TIFF)がいよいよ10月28日より開幕。アジア最大級の国際映画祭として今年も東京に世界中から厳選された映画が集結。世界が注目する日本のコンテンツから世界で話題の最新映画、未来の巨匠たちの作品まで見どころを一挙紹介!
豪華な超話題作を一足早く見るチャンス
毎年大人気の特別招待作品上映。今年は、オープニング作品『男はつらいよ お帰り 寅さん』やオープニング・イブ作品『決算!忠臣蔵』、GALAスクリーニング『カツベン!』、さらに多彩な特別上映作品を含め27本もの作品を上映。この秋以降に公開される大作や話題作がめじろ押し。上映作品の人気俳優や著名監督、一流スタッフらがレッドカーペットや期間中のイベントに来場するのも楽しみ。
特別招待作品では、ロバート・デ・ニーロ、アル・パチーノ、ジョー・ぺシというオスカー俳優3人による超豪華共演が実現したマーティン・スコセッシ監督作『アイリッシュマン』がTOHOシネマズ六本木ヒルズの4K対応スクリーンで上映。他『オーバー・エベレスト 陰謀の氷壁』、『ジョジョ・ラビット』など国内外の話題作が勢ぞろい。また、審査委員長チャン・ツィイー女優20周年記念特別上映として名作『初恋のきた道』など特別上映作も見逃せない作品ばかり。
伝説から到達点まで!日本のアニメ&特撮大集合
今年の映画祭の目玉企画の1つがこちら「ジャパニーズ・アニメーション THE EVOLUTION OF JAPANESE ANIMATION/VFX」。日本のアニメーションとVFXの歴史を、原点・ターニングポイント・到達点に分けてその代表作を特集上映。アニメ・特撮の映像文化が国際的に評価されるきっかけや変化点となった作品を選出し、今や世界的なカルチャーとなった日本のアニメ・特撮の歴史的な発展をたどることができる。
「日本アニメ映画マスターズ」では“原点”として日本最初の色彩長編漫画映画『白蛇伝』の4Kデジタルリマスター版や、出﨑統監督作『エースをねらえ!劇場版』、原作者・大友克洋みずから監督を手掛けた『AKIRA』を上映。「日本アニメ映画の到達点」では『天気の子』など最新アニメを上映。「日本VFXの革新と拡張」では、1966年TV放送当時のスタッフ・キャストが語る貴重な証言の数々「Premium Talk」&「ウルトラQ」から厳選した『ガラモンの逆襲』『東京氷河期』などを初の4k上映する。
“東京ファンタ”が一夜限りの復活『シン・ファンタ』
「東京ファンタ」の愛称でジャンル映画ファンを中心にこよなく愛された「東京国際ファンタスティック映画祭」が、14年の歳月を経てTIFFで一夜限りの復活「シン・ファンタ 復活!? 東京国際ファンタスティック映画祭ナイト」と題して“ファンタ的”な注目作を一挙上映。ハリウッドリメイクも決定した、韓国のマ・ドンソク主演のヴァイオレンス・アクション『悪人伝』や、カルトアクション映画『片腕マシンガール』(井口昇監督)のリブート作品『爆裂魔神少女 バーストマシンガール』、さらに『ヘレディタリー/継承』のアリ・アスター監督最新作『ミッドサマー』がオープニング作品として上映決定。チケット完売は必至! 見逃した人は本公開を待つべし。
TIFFファンも見逃せない! 厳選ショーケース
特別招待作品部門や特集上映とともに、さまざまな切り口で優れた映画を紹介する各部門にも注目を。
この1年の日本を代表する作品の数々をTIFFならではの視点でセレクトする「Japan Now」は、海外にも伝えたい“日本映画の現在”を感じられる注目作を厳選。見逃してしまったここ1年の公開作をスクリーンで見ることができる機会でもある。今年は星野源主演作『引っ越し大名!』や前田敦子主演作『旅のおわり世界のはじまり』、池松壮亮主演作『宮本から君へ』など。さらに今年の特集は「映像の魔術師 大林宣彦」。過去の傑作に加え新作も上映!
日本公開が未決定の作品を取り上げる「ワールド・フォーカス」も映画ファン必見。オリヴィエ・アサイヤス監督、ペネロペ・クルス主演作『WASP ネットワーク』などまさに見逃せない作品がずらり。
日比谷会場ほかにて多彩なイベント開催
映画祭期間中は多彩なイベントや関連上映も楽しんで。東京ミッドタウン日比谷ではTIFFの日比谷会場(10月29日~11月4日)として「日比谷オープニングイベント」(28日)、「東京国際映画祭屋外上映会」「ゴジラ・フェス2019」(11月3日)を実施。日比谷ステップ広場に、高精細・国内最大級の屋外用LED、高音質音響を備える巨大ビジョンを設置。開放的な空間で屋外上映を楽しむことができる。「ゴジラの誕生日」に合わせてスタートした「ゴジラ・フェス」では、ゴジラにちなんだ飲食ブースやグッズ販売、握手会やトークイベントなど盛りだくさん。期間中のイベントはすべて入場無料。
提携企画として開催される、個性的な映画祭にも注目を。米国アカデミー賞公認・アジア最大級の国際短編映画祭ショートショート フィルムフェスティバル & アジア(SSFF & ASIA)「秋の映画祭」を17~20日に東京都写真美術館ホールにて開催。俳優の菅田将暉が初監督した『クローバー』を特別上映。他にも『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』のピエロ役で話題のビル・スカルスガルド出演作品『石が現れた』を日本初公開。
『第32回東京国際映画祭』
【会場】六本木ヒルズ、EXシアター六本木(港区)、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場(千代田区)ほか 都内の各劇場及び施設・ホール
【URL】https://2019.tiff-jp.net

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.