画像: 大岩龍矢「ラグビー日本代表の試合で感動。自分もみんなに感動を伝えたい」【12・28 K-1名古屋】

大岩龍矢「ラグビー日本代表の試合で感動。自分もみんなに感動を伝えたい」【12・28 K-1名古屋】

実力者・スタウロスと対戦
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」(12月28日、愛知・ドルフィンズアリーナ)の第2弾カード発表会見が10月21日、愛知・名古屋ガーデンパレスで開催された。
8月のK-1大阪大会のメインイベントで皇治に延長戦の末に惜しくも敗れた大岩龍矢が“鉄の拳”スタウロス・エグザコスティディスと対戦する。
スタウロスはK-1初参戦で当時のスーパー・フェザー級王者・大雅にKO勝ち。その後、武尊、皇治と対戦し、ともに判定負けを喫しているが皇治とは延長にもつれる激闘を展開した実力者。
大岩は「スタウロス選手とは必ずKO決着になる」と予告。そしてラグビー出身ということもあり、「昨日のラグビー日本代表の試合を見てめっちゃ感動しました。ラグビーが本当にカッコよくて勇気とパワーを与えるスポーツだということを僕は知っていたし、K-1もラグビーに負けないぐらい凄いスポーツだと思っている。僕は海外の選手と試合をするのが初めてなので、日本代表のつもりで戦います。K-1はみなさんに勇気と感動を与えるスポーツだと思うし、僕も今回は日本代表として戦って、日本のみなさんに勇気と感動を与えたい」などとラグビーW杯でベスト8に進出した日本代表に負けない激闘を約束した。
大阪で敗れた皇治とは「もちろん再戦したい」
また前回の皇治戦について「試合後にちょっと感情的になって“負けたと思っていない”と言ってしまって、今も皇治選手には負けてないと心の中では思っていますが、ダウンも取れなかったことは事実。今はKO以外は自分の中で負けかなと思っているんで、次はKOで勝ちたい。そして皇治選手との再戦はもちろんしたいと思っている」などと皇治が延長の末に判定勝ちしたスタウロスをKOすることで「自分の強さを証明したい」と話した。
そして名古屋は地元とあって「みんなに見に来てほしい。名古屋には有名な選手、強い選手がいっぱいいますけど、K-1名古屋といえば大岩龍矢といわれるようにします」と気合を入れた。
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN」(12月28日、愛知・ドルフィンズアリーナ)
〈今回発表されたカード〉
◆スーパーファイト/K-1クルーザー級/3分3R・延長1R
(日本/ALIVE)加藤久輝vs K-Jee(日本/K-1ジム福岡チームbeginning)
◆スーパーファイト/ K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)平山迅vs中野滉太(日本/POWER OF DREAM)
◆スーパーファイト/ K-1ライト級/3分3R・延長1R
(日本/DURGA)篠原悠人vs大沢文也(日本/TANG TANG FIGHT CLUB)
◆スーパーファイト/ K-1スーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)大岩龍矢vsスタウロス・エグザコスティディス(ギリシャ/Nasos/Mejiro Gym)
◆スーパーファイト/ K-1ウェルター級/3分3R・延長1R
(日本/K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)野杁正明vsハッサン・トイ(トルコ/ARJ Trainingen)
◆スーパーファイト/ K-1スーパー・ライト級/3分3R・延長1R
(日本/大和ジム)大和哲也vs不可思(日本/クロスポイント吉祥寺)
◆スーパーファイト/-56kg契約/3分3R・延長1R
(日本/POWER OF DREAM)武居由樹vsスリヤンレック・オーボートー.ガムピー(タイ/オーボートー.ガムピージム)
〈既報済みカード〉
◆K-1 WORLD GP 初代女子フライ級王座決定トーナメント ・一回戦(1)/3分3R・延長1R
(日本/K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)KANA vsクリスティーナ・モラレス(スペイン/Team Jesus Cabello)
◆K-1 WORLD GP初代女子フライ級王座決定トーナメント ・一回戦(2)/3分3R・延長1R
(スウェーデン/Allstars training center)ヨセフィン・ノットソンvsメロニー・ヘウヘス(オランダ/Mike’s gym)
◆K-1 WORLD GP初代女子フライ級王座決定トーナメント・リザーブファイト/3分3R・延長1R
(日本/NEXT LEVEL渋谷)壽美vs真優(日本/月心会チーム侍)
◆K-1 WORLD GPスーパー・ライト級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(王者/日本/team ALL-WIN)安保瑠輝也vsゲーオ・ウィラサクレック(挑戦者/タイ/WSRフェアテックスジム)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.