画像: 海人がメインでRISEウェルター級王者ベノイアと対戦【12・3 SB】

海人がメインでRISEウェルター級王者ベノイアと対戦【12・3 SB】

前戦に続き階級が上のRISE王者を迎撃
シュートボクシング(SB)の今年最後のビッグマッチとなる「GROUND ZERO TOKYO 2019」(12月3日、東京・東京ドームシティホール)の一部対戦カードが発表された。
メインイベントでS-cup2018世界王者のエース海人(TEAM F.O.D)がRISEウェルター級王者の“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館)と対戦する。
ベイノアは所属する極真会館の全日本ウェイト制空手道選手権大会・軽量級で優勝した実績を持ち、キック転向後は空手仕込みの蹴り技、外国人特有のバネのある攻撃力でJ-NETWORKウェルター級王座、RISEウェルター級王座を獲得。プロ戦績は戦績は15戦14勝(8KO)1敗の強豪。
海人にとっては前回のRISEミドル級王者イ・ソンヒョンに続き、RISE王者との対戦となる。海人は4月の豪州最強ムエタイ戦士チャド・コリンズとの一戦では判定負けしたが、その後は元Krush-70kg級王者・中島弘貴、ソンヒョンと階級が上の選手を相手に2連勝。今回も67.5kg契約での試合と本来65.0kgで戦う海人には過酷な試合となるが、世界の強豪たちとの対戦を視野に入れ海人にとってはここは避けては通れない試合となる。
日本ライト級王者・西岡は“居合パンチャー”町田光と対戦
またSB日本ライト級王者・西岡蓮太(龍生塾)がWPMF世界スーパーフェザー級王者・町田光(橋本道場)と対戦する。
西岡は元々アマチュア時代から剛腕を武器にKOを量産する倒し屋。プロになってからもKO勝を狙うスタイルで将来を有望視されるSB関西期待の新星として注目を集めてきた。昨年9月に行われたSB日本ライト級王座決定戦での勝利を挟み現在6連勝中。王座に就いてからは大月晴明、不可思、増井侑輝、マサ佐藤と外敵相手に4連勝している。
対する町田は50戦以上のキャリアを持ち、WPMF世界スーパーフェザー級王座、所属するINNOVATIONのスーパーフェザー級王座など計5つのタイトルを獲得。居合い抜きの動作を応用した必殺技“居合パンチ”をはじめとする数々の必殺技と個性的な戦い方で人気を呼ぶ実力者。
SB初参戦となった6月大会では、村田聖明にバックドロップを華麗に決めてシュートポイントを奪うなどSBルールにも適応した戦いを見せ完勝している。
「GROUND ZERO TOKYO 2019」(12月3日、東京・東京ドームシティホール)
〈決定対戦カード〉
◆SB日本ウェルター級(67.5kg) エキスパートクラスルール 3分5R延長無制限R ※ヒジ打ち無し
海人(TEAM F.O.D/S-cup2018世界王者、SB日本スーパーライト級王者)vs“ブラックパンサー”ベイノア(極真会館/RISEウェルター級王者)
◆63.0kg契約 エキスパートクラス特別ルール 3分5R延長無制限R
西岡蓮太(龍生塾/SB日本ライト級王者)vs町田 光(橋本道場/WPMF世界スーパーフェザー級王者)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.