画像: 「SHIBUYA オトナ HALLOWEEN PARTY」仮装グランプリは「歌舞伎」がテーマ!

「SHIBUYA オトナ HALLOWEEN PARTY」仮装グランプリは「歌舞伎」がテーマ!

10月31日にハロウィーンを控えた26日、渋谷ヒカリエのヒカリエホールで「SHIBUYA オトナ HALLOWEEN PARTY」が行われ、渋谷最大級の「仮装コンテスト」が実施された。9月3日〜10月25日までに公式サイトを通じて募集した応募者の中から、当日の予選大会を経て10組が本大会のステージに立った。参加者は仮装姿で20秒以内のパフォーマンスを披露し、賞金総額60万円相当の豪華商品を賭けて競い合う。
仮装のテーマはさまざまで、「ブラック養蜂家」といったステージに登場しただけでは一見分からないが後からジワジワくる仮装から、特撮映画の特殊メイクさながらに完成度の高い仮装まで参加者のアイデアに目を見張るばかり。
10人がパフォーマンスを終え、審査員の採点と協議によって各賞が決定。まず、特別協賛のアサヒビール賞は「Zombie Sushi」がテーマのボビーさん! ステージに登場してからのれんを上げるパフォーマンス、カウンターに載せられた脳みそや目玉の寿司など、芸の細かさが光った。
準グランプリは「絵本の中から飛び出してきた挿絵」をテーマにしたカナザワさん! まるで2次元のような不思議な世界観で、登場するや会場の女性客から「かわいい!」と声が漏れていたほど。普段はアート関係のお仕事をしているそうで、納得の受賞。
そしてグランプリは「歌舞伎」をテーマにしたイトウさん! 舞台ごとやってきたようなステージパフォーマンスの段階から、圧倒的な完成度で会場の度肝を抜いた。舞台装置をすべてバラして車で会場まで運んでから組み立てたといい、「日本独特のハロウィーン文化を作っていきたい」との思いからこの仮装を選んだそう。来年のハロウィーンについても「日本風のものに目をつけていきたい」と語った。グランプリのイトウさんには東急グループ商品券(30万円相当分)が贈られた。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.