画像: ココリコ遠藤「吉本はワンチーム」

ココリコ遠藤「吉本はワンチーム」

ココリコの遠藤章造が29日、鳥取県と岡山県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」の5周年を記念したPRイベントに出席、チュートリアルの徳井義実が東京国税局に申告漏れを指摘されたことについてコメントした。
ラグビー人気にあやかり、鳥取県と岡山県がワンチームとなってそれぞれの県の特産品をPR。イベント終了後の取材では、遠藤と、おかやま晴れの国大使のブルゾンちえみに対して、「タックルをかましたい相手はいる?」「過去を振り返ってノーサイドにしたい事はある?」といったラグビーに絡めた質問が飛んだ。
最後に「ラグビーはルールを守らなければ行けないスポーツ。税金を払うルールを守らなかった芸人がいますが......」と、東京国税局に申告漏れを指摘され当面の活動自粛を発表したチュートリアルの徳井義実についてコメントを求められた遠藤は、「国民の義務として絶対にだめなこと。今年は特に吉本興業はネガティブなネタが多かったので、みなさんに本当にご迷惑をかけた。これから、ポジティブにポジティブにいい情報をどんどん提供できるように......我々4人で頑張っていきたい」。
「吉本はワンチームですか?」と確認されると、「ワンチームですよ。ワンチームだと僕は思っています」と力強く言い切った。
イベントは、鳥取県の平井伸治知事は水稲新品種「星空舞」、岡山県の伊原木隆太知事は岡山デニムで作ったラグビーボールでパス回しをしながらPRトークを繰り広げた。遠藤は、とっとりふるさと大使として応援に駆けつけた。おかやま晴れの国大使のブルゾンちえみも登壇した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.