画像: 作る楽しみをプラスしたアートなフィルムカメラ「LomoMod No.1」

作る楽しみをプラスしたアートなフィルムカメラ「LomoMod No.1」

ポップでキャッチーな、フィルムカメラ(アナログカメラ)を提供しているロモグラフィーから、新しいタイプのフィルムカメラ「LomoMod No.1」が発表された。
「LomoMod No.1」は、カードボード製のボディをいちから組み立てるDIYフィルムカメラ。120フィルムを使用し、さまざまな機能を兼ね備えたシャッターユニットと、好きな液体を流し込んで作るサットンレンズユニットで、リキッドフィルターとして写真に隠し味を加えることもできる新しいタイプのフィルムカメラだ。
折り紙にヒントを得た組立簡単設計
組み立てはとても簡単。日本の折り紙などからインスピレーションを得て設計されていて、ネジや接着剤を必要としない。また、表裏リバーシブルにデザインされたパーツは無限の組み合わせが可能で、カードボードはプラスチックよりも軽量で環境にも優しい素材だ。
オリジナルフィルターでデジタルにはない味わいに
注目したいのはサットレンズシステム。これは液体を注いでレンズ面を作り出す実験的なシステムで、使用する液体は水性ペンのインクからオレンジジュースまで、思いつく液体のほとんどを試すことができる。、多重露光やバルブ撮影も手軽に撮影でき、フラッシュを接続して暗い室内でも撮影が可能。さらに、絞りプレートを自作するなどすれば、ユニークなボケを楽しむこともできる。
“芸術の秋”に、自分のヒラメキを信じてアートなフィルムカメラにチャレンジしてみるのもオススメだ。
【価格】6,480円(税込)
【オンラインショップ】 https://shop.lomography.com/jp/cameras/lomomod/lomomod-no1
【Lomography Japan】
フィルムカメラにこだわるカメラブランド「Lomography (ロモグラフィー)」を約50カ国で展開するロモグラフィック・ソサエティー(オーストリア・ウィーン)の日本支社として1997年11月より日本で事業を展開。2013年5月に直営店 Lomography+ をアーツ千代田3331内に移転オープン。公式サイト www.lomography.jp では、専門オンラインショップを運営。日本各地で写真イベントやコンテスト等を展開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.