画像: ココリコ遠藤とブルゾンちえみが鳥取と岡山の魅力をPR「鳥取と岡山はワンチーム」

ココリコ遠藤とブルゾンちえみが鳥取と岡山の魅力をPR「鳥取と岡山はワンチーム」

ココリコの遠藤章造とブルゾンちえみが29日、鳥取県と岡山県のアンテナショップ「とっとり・おかやま新橋館」の5周年を記念したPRイベントに出席、「とっとり・おかかやま ワンチーム」とスクラムを組んだ。
遠藤は水揚げ量日本一を誇る鳥取のカニをかぶって登場。ブルゾンは「ラグビーが盛り上がっているということで、鳥取と岡山ワンチームで頑張っていこうということもあるんですけど、大学時代にラグビー部のマネジャーをしていた時があるんですよ。だから、マネジャーの格好をしてきた。......分かります?(笑)」。
イベントは、ラグビー人気にあやかって、鳥取県と岡山県がワンチームとなって、それぞれの県の魅力をPRするもので、ラグビーのパス回しをしながらプレゼントーク。とっとりふるさと大使の遠藤は鳥取県の平井伸治知事と30年をかけて開発した米「星空舞」を模したボールで、おかやま晴れの国大使のブルゾンちえみ岡山県の伊原木隆太知事とペアを組んで岡山デニムで作ったボールを抱え、体を動かした。
また、鳥取県の「鳥取和牛のローストビーフ」と星空舞、岡山県のB級グルメ「カキオコ」の試食も。遠藤、ブルゾンは「おいしい!」と幸せそうな表情を見せた。
「とっとり・おかやま新橋館」は、鳥取県と岡山県がタッグを組んでオープン。5年間で250万人超が来店した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.