画像: HIKAKIN「東京タワーを見ると、大都会で戦ってるなって思う」東京タワー冬イルミの点灯式に出席

HIKAKIN「東京タワーを見ると、大都会で戦ってるなって思う」東京タワー冬イルミの点灯式に出席

東京タワーの冬のイルミネーション「東京タワー ウィンターファンタジー ~オレンジ・イルミネーション 2019~」の点灯式が2日行われ、YouTuberでヒューマンビートボクサーのHIKAKINが登壇した。ノッポン兄弟、東京タワーを管理する日本電波塔株式会社の前田伸社長とともにボタンを押してイルミネーションを点灯したHIKAKINは「こんなボタンを押せるとは思わなかった。過去の自分に言ってあげたいですね。頑張ると東京タワーの(イルミネーションの)ボタン押せるよって」と、感激していた。
「すごいところだなー」と東京タワーを見上げたHIKAKIN。東京タワーの思い出はあるかと聞かれると、小学校の修学旅行と、「上京して二十歳ぐらいの時に母親と一番上まで登ったのを覚えています」。現在は自宅から東京タワーが見えるといい、「夜は光がすごい強いので、それを見ると、俺戦ってるなって(笑)。大都会東京で戦ってるなって思うんです」。
東京タワー色のスーツで、東京タワーへの思いを熱っぽく語ったHIKAKIN。前田社長はお「何か一緒にやりませんか」と提案。HIKAKINが乗り気なのを見て社長は「観光PR大使をお願いしたい」とオファーしていた。
「東京タワー ウィンターファンタジー ~オレンジ・イルミネーション 2019~」は、高さ約11メートルの東京タワー型のオブジェ「キャンドルタワー」と「ファンタジーガーデン」からなる。2020年1月5日まで毎日12~23時に点灯。入場無料。
■東京タワー :https://www.tokyotower.co.jp/

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.