画像: NXT王者コールが強敵ブライアン相手に王座防衛。NXT統括のトリプルHが気勢【11・1 WWE】

NXT王者コールが強敵ブライアン相手に王座防衛。NXT統括のトリプルHが気勢【11・1 WWE】

ブライアンの「俺とやろうぜ」発言から急きょNXT王座戦が開催
WWE「スマックダウン」(現地時間11月1日、ニューヨーク州バッファロー/キーバンク・センター)のメインでダニエル・ブライアンとアダム・コールがNXT王座をかけて対戦した。
バックステージでブライアンがNXTを統括するトリプルHに話し掛け「対戦相手を探しているんだが、これから俺と試合をするのはどうだ」とビッグマッチを提案。これを断ったトリプルHが代わりとしてNXT王者アダム・コールを呼び出すと、ブライアンは「NXT王座戦だ」とタイトル戦を要求。急きょ2人の試合が決定した。
メイン戦で行われたタイトル戦ではブライアンが王者コールを圧倒。平手打ちでコールを挑発すると、ロメロ・スペシャルやアンクルロックで締め上げた。
NXTが初参戦する「サバイバー・シリーズ」に向け「俺たちがNXTだ」
防戦一方のコールはブレーンバスター式ネックブリーカーで反撃するも、ブライアンに再び捕まると顔面ストンピングからイエスロックを決められてしまう。しかし、辛うじてロープ・エスケイプしたコールはスーパーキックを放ってブライアンの勢いを止めると、パナマ・サンライズからラスト・ショットを炸裂させて3カウント。コールは強敵ブライアン相手に逆転勝利を収め王座防衛に成功した。
この勝利にコールをハグして称えたトリプルHは「サバイバー・シリーズでNXTはロウ、スマックダウンと対戦する。これだけは覚えておけ! 俺たちがNXTだ」と、NXTの初参戦が決定したPPV「サバイバー・シリーズ」に向け気勢を上げた。「サバイバー・シリーズ」は現地時間11月24日に米イリノイ州シカゴにあるオールステート・アリーナで開催される。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.