画像: 屋内展望回廊「SKY GALLERY」にはカフェ&バーやスーベニアショップも

屋内展望回廊「SKY GALLERY」にはカフェ&バーやスーベニアショップも

11月1日に開業した東京・渋谷駅に直結・直上する話題の大規模複合施設「渋谷スクランブルスクエア」。第1期(東棟)の見どころを編集部がリポートする。
「SHIBUYA SKY(渋谷スカイ)」の46Fには、屋内展望回廊「SKY GALLERY(スカイギャラリー) −視点が広がる展望ギャラリー−」がある。荒天や強風で「スカイステージ」が閉鎖されている場合でもパノラマビューが体験できる屋内ゾーンだ。こちらでは4KディスプレイやLEDディスプレイを使用した映像による空間演出と、目の前の渋谷の眺望を組み合わせたコンテンツが楽しめる。
46Fからの東京の景色を楽しみながら軽食やスイーツ、ドリンクが楽しめるカフェ&バー「Paradise Lounge(パラダイス ラウンジ)」も併設。トランジットジェネラルオフィスがプロデュース・運営するミュージックラウンジで、イギリスのライフスタイルブランドであるトム・ディクソンが、渋谷の街やスクランブル交差点をイメージした空間をデザインしている。音楽のセレクトはFPMの田中知之、フードは料理人の長谷川在佑が監修。メニューはフライドポテトやポテトサラダ、カクテルからノンアルコールのモクテル、ソフトドリンクまで揃っている。
スーベニアショップ「SHIBUYA SKY SOUVENIR SHOP(シブヤスカイスーベニアショップ)」は「日本」、「東京」、「渋谷」のカルチャーとライフスタイルを体感できるお土産ショップ。定番のお菓子はもちろん、「SHIBUYA スノードーム」などオリジナルの雑貨にも注目!
ユニークなお土産を探すならフォトサービスコーナーもおすすめ。昔懐かしい記念写真かと思いきや、マジックとトリックアートを融合させ、渋谷の街を浮遊しているような不思議な写真を撮影することができる(1枚1500円)。
「渋谷スカイ」の入場チケットは9〜22時(営業時間は9〜23時)まで、すべての時間で20分ごとの日時指定券。WEBチケットは公式ウェブサイト( https://www.shibuya-scramble-square.com/sky/ )にて2カ月前の毎月1日より予約受付。料金は大人(18歳以上)1800円、中・高校生1400円、小学生900円、幼児(3〜5歳)500円。12月1日以降は14Fチケットカウンターにて当日券を販売。料金は大人(18歳以上)2000円、中・高校生1600円、小学生1000円、幼児(3〜5歳)600円。3歳未満は無料。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.