画像: 元スーパー・フェザー級王者・島野浩太朗が9カ月ぶりの帰還【12・15 K-1 KRUSH】

元スーパー・フェザー級王者・島野浩太朗が9カ月ぶりの帰還【12・15 K-1 KRUSH】

3連続KO勝ち中のSATORU成合と対戦
「K-1 KRUSH FIGHT.109」(12月15日、東京・後楽園ホール)の第2弾カード発表会見が11月6日、開催された。
元K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級王者・島野浩太朗が9カ月ぶりKRUSHのリングに上がる。
島野は3月大会で王者として西京佑馬の挑戦を受け、判定で敗れ王座陥落。この間、他団体での試合を挟み、捲土重来を期してのKRUSH帰還となった。
対戦相手のSATORU成合はキャリア4戦ながら、K-1ジャパングループ参戦後は3連続KO勝ちのハードパンチャー。前回の試合後の「上の選手と戦いたい」というアピールを受けてのマッチメイクとなった。
成合は「とても強い選手と組んでいただいて、ありがとうございます。島野選手の試合映像を見させてもらって、正直本当に強いなと思っています。けれど僕は倒れる気もないし、倒す気満々なので、そういう熱いところを見てもらいたい」と闘志満々。最近のK-1ジャパングループのトレンドでもある「下剋上」の意味合いもある対戦については「(下克上を)起こす気しかない。島野選手はトップ選手たちに勝っている強い選手。厳しい戦いになるが、そこは本気でぶつかって勝ちたい。判定決着は多分ない。倒すか倒されるかの熱い試合を見てほしい。最後にリングに立っているのは自分」とKO勝ちを宣言した。
島野は「3月以来の参戦となりましたが、この一戦にしっかり勝って次以降につなげたい」と挨拶。そして「3月のタイトルマッチで敗戦して、あれだけ悔しい思いは自分のキャリアの中で一番だった。その試合から時間が空いて、いろいろな気持ちと向き合う中で、最後に残ったのは格闘技が好きという気持ちとこのリングで一番になりたいという思いだった」とKRUSHへ戻ってきた理由を明かした。そして「次」については「上に挑戦していきたい。この階級でやる以上、一番になりたい気持ちが強くあるので挑戦していきたい」とKRUSHはもちろん、K-1のタイトル戦線にも絡んでいくことを目標に掲げた。
「格闘代理戦争」芦澤一家の稲垣柊がプロ2戦目でKRUSH本戦出場
今年4月に放送されたAbemaTVの「格闘代理戦争4thシーズン」に「芦澤一家」の一員として出場し、9月のKHAOSでのプロデビュー戦をKO勝利で飾った稲垣柊がプロ2戦目で瓦田脩二と対戦することとなった。
瓦田はアマチュア時代に「第4回K-1アマチュア全日本大会 チャレンジAクラス -65kg」で優勝。プロデビュー後5連勝を飾り、現在連敗中ではあるが、前戦では「日本vs中国・7対7全面対抗戦」に抜擢されるなど若手のホープ的な存在。ライト級の将来を背負う2選手の戦いとなる。
稲垣は「2戦目でKRUSH本戦という舞台をいただき、ありがとうございます。今回は勝ってリングで言いたいことがあるので必ずKOします。まさか2戦目でKRUSHの本戦なんて大きな舞台はないと思っていた。少しは期待されているのかなと思うので、それを糧に練習を頑張っている。僕は強い選手とやるほうが気持ちが上がるので、どんどん強い選手とやりたかった。キャリア的には上の選手なのでうれしい」などと淡々と話した。
瓦田は「拳で分からせる」
瓦田は「前回の試合でアマチュアも含めて初めての連敗という結果に終わってしまい、悔しい思いをしながら気持ちでここまで練習してきた。タイに練習しに行ったり、その結果をこの試合で出せれば。技術も気持ちも自分が圧倒して勝とうと思う」と挨拶。そして「今の自分は相手が強くても弱くても関係ない。結果が出したかったので、年内に試合ができて良かった」と今年の連敗は今年のうちにケリをつけておきたいといった感じ。前戦後は「ボクシングも元日本チャンピオンの選手とスパーリングをさせてもらったり、総本部でも今までやりあっていた相手にも差をつけるようになって来たかなと思うので自分の中では成長を感じている。それを試合に出したい。タイでは2週間練習した。手ごたえはある」と話した。試合については「全力でぶつかってもらえたら全力返す。拳で分からせる。でもいい選手なので面白い試合になると思う」と激闘を予告した。
「K-1 KRUSH FIGHT.109」(12月15日、東京・後楽園ホール)
〈この日発表されたカード〉
◆K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級/3分3R・延長1R
(菅原道場)島野浩太朗 vs SATORU成合(K-1ジム総本部チームペガサス)
◆K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R・延長1R
(K-1ジム総本部チームペガサス)瓦田脩二 vs 稲垣柊(K-1ジム大宮チームレオン)
◆K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R・延長1R
(K-1 GYM SAGAMI-ONO KREST)桝本翔也 vs 安達元貴(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
◆K-1 KRUSH FIGHTバンタム級/3分3R・延長1R
(K-1ジム目黒TEAM TIGER)藤田和希 vs 峯大樹(若獅子会館)
〈既報済みカード〉
◆K-1 KRUSH FIGHTスーパー・フェザー級タイトルマッチ/3分3R・延長1R
(THE SPIRIT GYM TEAM TOP ZEROS)レオナ・ペタス vs 山本直樹(優弥道場)
※王者・レオナは初防衛戦※
◆K-1 KRUSH FIGHTウェルター級/3分3R・延長1R
(HALEO TOP TEAM)牧平圭太 vs 加藤虎於奈(TEAM TOP ZEROS)
◆K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級/2分3R・延長1R
(T-GYM)C-ZUKA vs 菅原美優(K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ)
◆K-1 KRUSH FIGHTフェザー級/3分3R
(K-1ジム・ウルフ TEAM ASTER)勝輝 vs 知良(RBアカデミー)
◆K-1 KRUSH FIGHTライト級/3分3R
(K-1ジム蒲田チームキングス)安田学登 vs 志村力輝(兼清流総本部)
◆K-1 KRUSH FIGHT女子アトム級/2分3R
(TEAM OJ)豊嶋里美 vs 森川侑凜(サポートスクールグレス)

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.