画像: 【最新号 11.11 配布開始】「第32回東京国際映画祭」が華やかに閉幕!

【最新号 11.11 配布開始】「第32回東京国際映画祭」が華やかに閉幕!

「第32回東京国際映画祭」が華やかに閉幕!
チャン・ツィイー審査員長が“東京”にエール
第32回東京国際映画祭が10月28日から11月5日まで、六本木を中心に都内各地で行われ、多くの映画ファンが国内外の多彩な映画作品や、関連イベントを楽しんだ。
初日の10月28日には、六本木ヒルズアリーナにて華やかなレッドカーペットイベントが行われ、コンペティション部門審査員長のチャン・ツィイーをはじめ国内外の映画人が登場。
冒頭、白いワンピース姿で登場したのは今年のフェスティバル・ミューズを務める広瀬アリス。「車から降りるときに足が震えてしまいました」と緊張を明かしつつ「この映画祭で皆さんにとってすてきな1本に出会えるよう、また映画がもっと身近なものになるようフェスティバル・ミューズを務めていきたい」とコメント。
続いて大声援を集めたのは『その瞬間、僕は泣きたくなったーCINEMA FIGHTERS projectー』一行。企画プロデュースの別所哲也は「素晴らしい映画監督たちに、音楽から映画を作ってもらうという、ミュージック映画とはまた違う試みをやってみたいとEXILE HIROさんに相談したことから生まれた企画です」。出演した小林直己は「撮影に入る前から行定監督といろいろ話し合い、アイデアも聞いていただいたので思い入れの深い作品になりました」、今市隆二は「生きる上で誰しもある、人に伝えづらい思いを自分なりに役に込めて演じました」、佐野玲於は「ファンタジックな世界観の中で、自分なりに過去の自分と対峙したらどんな気持ちがするか感じるところを意識して演じました」とコメント。
自身の音楽人生を追ったドキュメンタリー映画『NO SMOKING』の細野晴臣は完成した作品について「普段、鏡も見ないので自分を見るのがつらかった。(YMOのメンバーには)作品どうだった、と聞くのは嫌で聞いていません」と笑いをさそい、姉妹で登壇した水原希子、水原祐果は「本当に“追っかけ”だったので、こうして一緒にこの場に立てて幸せです」と感無量。
そして、チャン・ツィイーをはじめコンペティション審査員が登場すると会場も大歓声。ツィイーは「コンバンハー! 皆さんにお会いできてとてもうれしいです。最高の映画祭になることを願っています」と満面の笑顔を見せ、セレモニーでは「本映画祭に参加することができて、私のおなかには赤ちゃんがいますので胎教にもよい経験になっていると思います」と語り盛大な拍手を浴びた。
映画『影踏み』共演! 俳優としてミュージシャンとして共鳴しあった2人
山崎まさよし×北村匠海
『半落ち』『クライマーズ・ハイ』『64-ロクヨン-』と代表作の数々が映像化されてきたベストセラー作家・横山秀夫。警察小説の名手として知られる横山作品の中で、犯罪者が謎解きに挑む異色のミステリーを篠原哲雄監督が映画化。世間のルールを外れて生きる孤高の泥棒・真壁修一役には、本作が14年ぶりの主演映画となる山崎まさよし。修一の“相棒”啓二役には『君の膵臓をたべたい』の北村匠海。異色のバディー誕生の舞台裏に迫る!
ネガティブキャラが愛おしい! SNS発の大人気コミックが実写映画化『殺さない彼と死なない彼女』
間宮祥太朗×桜井日奈子
インパクト満点のやや不穏なタイトルと、そのイメージを覆す共感と感動で、SNSを中心に多くの支持を集めた大人気コミックを『ももいろそらを』『ぼんとリンちゃん』の小林啓一監督が実写映画化。不器用なのにチャーミング、ネガティブなのに共感せずにはいられない“殺さない彼”と“死なない彼女”を『帝一の國』の間宮祥太朗と『ママレード・ボーイ』の桜井日奈子がダブル主演で好演!
冬の風物詩! 令和を照らす光のページェント【TOKYO ILLUMINATION 2019−2020】
「第32回東京国際映画祭」が華やかに閉幕!TOKYOを世界の映画が彩った9日間
and more...

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.