画像: 堤真一、岡村隆史が討ち入り衣装で赤穂義士をお参り「写真に何か写っていたら...」

堤真一、岡村隆史が討ち入り衣装で赤穂義士をお参り「写真に何か写っていたら...」

映画『決算!忠臣蔵』公開直前イベントが11日、浅野内匠頭や赤穂義士の墓がある港区・泉岳寺にて行われ、俳優の堤真一、岡村隆史、中村義洋監督が登壇した。
赤穂藩藩主・浅野内匠頭の仇討ちのため“一大プロジェクト”である討ち入りを、限られた予算内で達成しなければならなくなった大石内蔵助や勘定方・矢頭長助らの奮闘を描くエンターテインメント。
浅野内匠頭の墓前にて住職による大ヒット祈願を行った後、赤穂義士のお墓参りもした3人。「300年前の、ちょうど今くらいの時期に大石も討ち入り前に浅野内匠頭のお墓参りをしている。堤さんの後姿を見ていて、同じような時期にやれてよかったと思った」と中村監督は笑顔を見せ、大石役の堤は「大ヒットしますようにとお願いするのがおこがましいと思い、優しく見守ってくださいという気持ちでお墓参りしました」。
劇中にも着用している火消し衣装姿で登場した堤は「これまでの大石内蔵助のイメージとはまったく違う描き方をされているので、この格好でお墓の前に立った時、心の中でつぶやいた言葉は“申し訳ありませんでした”だった」と話し、自分の背後を示しながら「もしこのへんに何か写っていたら教えてください」と不安げな表情で報道陣を笑わせた。
矢頭役の岡村も「身が引き締まる思いです」と神妙に語りつつ「実は以前に泉岳寺周辺に住んでいたころ、空き巣に入られまして。何も盗られなかったんですけど。高倉健さんに頂いた手紙を置いてあったんですが、空き巣の方がそれを読んでただ事じゃないと思って何も盗らなかったのかも」というエピソードを明かした。中村監督が「健さんも(『四十七人の刺客』で)大石内蔵助を演じていますもんね」と言うと岡村も「そのパワーだと思います」と賛同していた。
『決算!忠臣蔵』は11月22日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.