画像: 武尊と対戦の村越優汰が「K-1の顔をつぶしたい」【11・24 K-1】

武尊と対戦の村越優汰が「K-1の顔をつぶしたい」【11・24 K-1】

シルバーウルフで武尊対策
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)に出場する前K-1 WORLD GPフェザー級王者の村越優汰が11月11日、公開練習を行った。
村越は横浜大会ではスーパー・フェザー級のスーパーファイトで同級王者の武尊と対戦する。
この日の練習は現在、武尊戦に向けての練習を行っている三軒茶屋の「K-1ジム三軒茶屋シルバーウルフ」で行われた。
村越は2分間のミット打ちを行ったのだが、パンチのみで得意のキックは封印。決戦を前に手の内を明かすことはなかった。
練習後の会見では「コンディションはすごくいい。非常にいい練習ができている。後はしっかり仕上げるだけ。こちらをメインで練習をさせてもらっていて、武尊戦の対策をしっかり練ってもらっている。だいぶ固まって来ていて、それが実行できれば80%以上の確率で勝てると思う」などと試合に向けて万全の態勢で臨めていることを示唆。具体的には「テクニック面で学ぶことが多い。大宮司さんの教え方がめちゃくちゃうまくて、日々練習していて自分が伸びているのもすごく分かる。毎日、気づけるところがあってためになります」と話した。
「武尊選手よりルックスもいいと思うんで(笑)」と牽引役に名乗り
今回、対戦する武尊はパンチでのKOが多いが、実はそれにつなげる前蹴りの評価も高い。しかし村越は「僕も前蹴りは得意。前蹴りだったら僕が上回っていると思う。いつものようにはならず、あっちはやりづらいと思う」と分析。そして「最終的にはパンチが一番警戒する部分かと思っているが、パンチだけの選手だったらパンチで倒すことはできないと思う。それまでの組み立て方、蹴り技があってのパンチだと思うので、全体的に警戒している」などと話した。
試合展開については、会見で村越が「KOではなく完封」といったことに関して、武尊が「そんな考えでは」と応えたのだが、この日も村越は「武尊選手が何を言おうと気にしていない。自分のスタイルを貫くだけ。みんな“勝利”という結果を残せていないので、しっかり結果を残したい」とぶれない姿勢を見せた。
村越は「武尊と戦いたい」ということでK-1参戦を決めたのだが、改めて「K-1といったらみんなが口を揃えて武尊選手の名を挙げると思う。やはり選手としては目立っている選手と戦いたい。K-1の顔をつぶしたい」などと話す。武尊に勝てば今度は自らがK-1を引っ張っていくことになるのだが「勝てば自動的にそういうポジションになると思うが、まあ...武尊選手よりルックスもいいと思うんで(笑)。そこは自信持っているんで(笑)」と武尊が積み上げてきたものを一気に奪い取るつもりのようだ。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.