画像: GENERATIONSが片寄涼太主演作イベントに登場!生歌に投げキッス“激レア”サービスで応援

GENERATIONSが片寄涼太主演作イベントに登場!生歌に投げキッス“激レア”サービスで応援

映画『午前0時、キスしに来てよ』完成披露イベントが12日、都内にて行われ、主演の片寄涼太と橋本環奈らキャストと新城毅彦監督が登壇。さらに片寄が所属するGENERATIONS from EXILE TRIBEがサプライズゲストとして登場し、会場を盛大に盛り上げた。
同名の大ヒットコミックを実写化。片寄が演じるスーパースター綾瀬楓と、橋本が演じる一般の女子高生・日奈々の秘密の恋愛を描くラブストーリー。
出演者同士が撮影中の秘話を明かし盛り上がったところにシークレットゲストとして、GENERATIONSの小森隼、白濱亜嵐、数原龍友、中務裕太、佐野玲於、関口メンディーが登場すると、観客は大絶叫。知らされていなかった片寄も驚きの笑み。
GENERATIONSが歌う、本作の主題歌『One in a Million -奇跡の夜に-』のミュージックビデオを片寄に見せてもらっていたという橋本。片寄が「よく歌ってくれていたもんね」と言うと橋本は「私、歌詞も完璧ですよ」。思わず「聞きたい!」と言う小森。ところが橋本から「逆に披露します?」と返され「逆に!?」と一瞬たじろぎつつ会場の期待に応え、アカペラでサビ部分を披露。盛大な拍手がささげられた小森は「普段は僕が歌っているわけではなくて、この2人(片寄、数原)が歌っているのでミュージックビデオもぜひチェックしてください」と照れ笑い。
そんなGENERATIONSのメンバーたちも本作を「涼太くんがキラキラしてた」「俺らにもささる」と大絶賛。なかでもメンディーは「ただのキラキラ映画じゃない。深いメッセージ性に、感極メンディー!しましたね」と、おなじみのギャグで会場を沸かせた。
さらにこの日、GENERATIONSの面々は、とあるミッションを担っているといい、小森は「勝手に応援しようと、フリートークの中で何か引き出せるものがあればと思って登壇させていただいたんです」と。ところが橋本から「なんだかんだ言って話の流れをぶったぎってません?」と突っこまれると、小森は「直前の状況を知らないで出てきたものだから」、数原は「キャーキャー言われたら自分が主演のつもりになっちゃって」と打ち明け、会場も爆笑。
一方、中務はフリートークミッションを遂行すべく、片寄に「もしメンディーさんとキスしないといけないとしたらどうします?」という謎の質問。「イヤですよね、僕もイヤです。でもキスしないとGENERATIONSが解散、って言われたら? でも3日くらい歯も磨いてなくて」と畳みかける中務に片寄は「それは...キスしますよ、別に」。さらに中務が「メンディーさんが離れたところにいたら?」と聞くと「キスしに行くよ」。片寄のその一言を聞いたメンバーたちは「やった!」とガッツポーズ。小森が「実は僕たち、勝手にこの映画のコマーシャルを作ろうということで、浅草と押上で2チームに分かれて、街頭で30組くらいに声をかけて、映画のタイトル『午前0時、キスしに来てよ』を言ってもらってきたんです。その映像の最後が涼太くんの“キスしに行くよ”で完結するCMを作るんです」と種明かし。片寄の主演作を応援するメンバーたちに会場のファンも大きな拍手を送った。
最後に片寄はGENERATIONSのサプライズ登場に「お騒がせして申し訳ありません(笑)」と言いつつ「ありがたいことに、喜んでくださった方もいてよかったです。GENERATIONSとしても参加させていただいたことで、この作品がより盛り上がればいいなと思います」。キャストたちに続いて舞台を後にしたGENERATIONS。数原は観客に向かって投げキッスをしながら降壇し最後まで会場を盛り上げた。
『午前0時、キスしに来てよ』は12月6日より全国公開。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.