画像: “逸品”から“外道”まで...“釣魚”を料理! 来年1月「釣りめし」自慢の店が東京に集結

“逸品”から“外道”まで...“釣魚”を料理! 来年1月「釣りめし」自慢の店が東京に集結

第1回『釣りめしスタジアム』メディア向け試食会が13日、都内にて行われ、2020年1月17日から3日間にわたって開催される『釣りフェスティバル2020』の目玉企画『釣りめしスタジアム』に登場する、釣り対象魚を使ったこだわりの“釣りめし”が報道陣に披露された。
「釣りファンの拡大に向けて新たな層にアプローチするべく、誰もが楽しめるフェスティバルにしたい」と、2020年の開催からは『ジャパンフィッシングショー』を『釣りフェスティバル』へ名称を変更。釣り用アイテムの新商品発表に加え、グルメやアトラクションなどが楽しめるフェスティバルゾーンを充実させる。フェスティバルゾーンでは、釣り対象魚を使ったグルメが集結する「釣りめしスタジアム」、実際に釣り体験ができる「リアルフィッシングワールド」、釣りとアウトドアの関連企画をそろえた「アウトドアフィールド」を開催する。
この日の試食会には、まさに魚料理、そして釣りめし文化の奥深さを感じさせる、7品の多彩なメニューが登場。
青森県八戸の「炭火焼 ごっつり」からは、日本一脂が乗っているといわれる「八戸前沖さば」の串焼きが登場。会場でも、皮はパリッと、中はジューシー、サバの脂が香ばしい焼きたての串を提供。他、ご当地グルメとして人気の八戸せんべい汁も出品。
釣り魚の中でも高級な素材を使った「金目鯛あさりラーメン(伊勢海老出汁仕立て)」を提供するのは静岡県の「麺匠うえ田」。イセエビとアサリでダシをとった塩系スープにこだわりの細麺を合わせさらにカモ肉を添えた極上ラーメン。会場ではさらに、その場であぶった金目鯛を乗せる予定とのこと。
神奈川県鎌倉市の「刺身居酒屋 魚男~フィッシュマン~」からは魚のアラでダシをとった「漁港カレー」が登場。使う魚は、そのとき江の島・片瀬漁港で揚がった鮮魚のうち、市販されない魚などを主に使用しているとのこと。この日のダシはウミヘビとウツボ! 魚のうま味がカレーに深みを与え、やみつき必至。旬のかますフライもサクサク。
見た目も写真映え満点、有楽町の「角打」からは、外はサクサク中はしっとりのマグロのカツを乗せた「マグロかつカレー」が登場。会場でもマグロのカツを揚げたてで提供するとのこと。
千葉県大原・夷隅東部漁業協同組合の直営店いさばやが作る「いすみ産 たこ飯」は、明石ダコと並び日本二大タコと称されるいすみタコを炊き込んだ一品。具のタコは一度煮てから米と炊き込むので臭みもなく、タコのうま味を余すところなく楽しめる。釣り魚の中では“外道”とされる、サメのすり身を使ったさつま揚げ「じあじあ」も、見逃せない名物。
東京・食彩美膳の「さばバーガー」もフードイベントでは毎回完売する人気メニュー。ふわっとしたバンズとサクッとジューシーに揚げられたサバ、タルタルソースの組み合わせが絶妙。
勝どきの水産倉庫街の奥にある「マグロ卸のマグロ丼の店」。「まかない丼」や中トロだけを使った「中とろだけ丼」など、マグロのスペシャリストだからこそ提供できるマグロ丼は絶品。
他にも、山口近海ふぐを使った「ふぐから揚げ」、「瀬戸内 鯛茶漬け」など18店舗の出店が決定している。
「釣りめしスタジアム」をプロデュースしたフードジャーナリスト・はんつ遠藤氏も来場。はんつ氏は、グルメ好きが高じると「やがて自分で作りたくなるもの。自分で釣った魚を自分で料理して食べることは、グルメの究極の形ではないかと思います」と話し「自分でもワクワクする企画だと思い、全国のさまざまな飲食店さんにお声がけさせていただきました。釣り対象魚を使うという条件があるにも関わらず、メニューがこれほど多様になるとは。これなら自分が釣りをするイメージを持ってない人も、会場に訪れてもらえるのでは」と手ごたえを語った。
『釣りフェスティバル2020』期間中は、さかなクンによるステージや、トップアングラーによるトークイベント、フィッシング界のアイドルを決めるアングラーズアイドル最終選考会など、多彩なイベントも実施する。
『釣りフェスティバル 2020 in Yokohama』
【期間】2020年1月17日(金)~19日(日)
【会場】パシフィコ横浜 展示ホール
【入場料】当日1500円 前売り1300円

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.