画像: 乃木坂46 新内眞衣が埼玉県庁で「さいたまつり」とコラボイベント

乃木坂46 新内眞衣が埼玉県庁で「さいたまつり」とコラボイベント

アイドルグループ「乃木坂46」の新内眞衣が、埼玉県庁で行われたイベントに登壇した。11月14日は「埼玉県民の日」で、毎年さいたま市浦和区の県庁でイベントを開催している。昨年は約1万2000人の来場者が訪れた。
新内は埼玉県出身で、自身がパーソナリティを務めるラジオ番組内で埼玉県ネタが好評だったことが評価されて「埼玉応援団」(愛称=コバトン倶楽部)に就任しており、今回で4年連続のイベント参加となる。
今年は埼玉県内のまつりをPRする広報キャンペーン『乃木坂46のオールナイトニッポン × さいたまつりコラボイベント』を開催。
イベント序盤では、大野元裕埼玉県知事も登壇。今年8月に就任したばかりの大野知事は「乃木坂46の名前は知っていましたが、はじめて本物みました。会えて嬉しいです」とコメントし、新内からは「ホントですかぁ〜(笑)」との掛け合いも。新内から、お揃いのハッピをプレゼントされ笑顔で舞台を後にした。
続いて、秩父夜祭りの秩父屋台囃子保存会と小太鼓の演奏にもチャレンジ。しかし、演奏後MCに「見てはいけないものを見てしまいました。新内さん途中フリーズしてましたね」とツッコまれ「でも楽しかったです! 貴重な体験をさせていただきました」と新内は笑顔で応えていた。
イベント終盤には集まったファンと記念撮影とラジオ用のジングルの収録も行なわれた。放送は11月20日(水)深夜1時からニッポン放送『乃木坂46のオールナイトニッポン』でOAされる。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.