画像: ケガで約8カ月のブランクも武尊「大きな目標は変わらない」【11・24 K-1】

ケガで約8カ月のブランクも武尊「大きな目標は変わらない」【11・24 K-1】

公開練習で右のパンチをフルスイング
「K-1 WORLD GP 2019 JAPAN~よこはまつり~」(11月24日、神奈川・横浜アリーナ)に出場する武尊が11月14日、神奈川県内の所属ジム、K-1 GYM SAGAMI-ONO KRESTで公開練習を行った。
武尊は右拳のケガで長期欠場し、今回が約8カ月ぶりの試合で、前K-1 WORLD GPフェザー級王者の村越優汰とスーパー・フェザー級のスーパーファイトで対戦する。
この日は2分間のミット打ちを行い、右のパンチもフルスイングで放つなどケガからの完全復活を印象付けた。
練習後の会見では「手術して半年間くらいスパーリングができなかったが、その間に右の拳を使わない練習をいろいろして、新しい発見もあった。アメリカにも行って新しいエッセンスを試せた。スパーリングを再開して、いろいろとやっていく中で、“これ、倒れるな”という倒せる攻撃をまた新しく発見したりという新しい発見があったので、いい状態で帰ってこれたと思う」などと順調な仕上がりを強調した。
「僕とやって3R逃げ切れた選手はいない。捕まえて倒します」
右のパンチについても「あれくらいで打てるようになった。ずっと拳の部分に吸収帯を入れて打っている。それを入れずに打ったらどれくらい効くのかという楽しみはある」と手応えを感じている。
今回のアメリカ修行では「ボクシングジムに結構行った。パッキャオ選手の元トレーナーや、世界チャンピオンの選手に教えてもらった。ボクシングのコンビネーションだったり、サウスポーと戦う時はパンチの打ち方や距離感が大事になってくるので、そういうところが勉強になった。いつも行っているラドウィックさんのところではいつも独特のコンビネーションを教えてくれるが、今回は“これはサウスポーにはまるな”というものもあった。幅を広げることができたので、今までと違う戦い方もできるようになったと思う」と大きな収穫があったよう。
先日行われた公開練習で村越は改めて「勝ちに徹する」と発言。これについては「それは人それぞれ。思うのは勝手。でも僕とやって3R逃げ切れた選手はいない。捕まえて倒します」とこちらも会見時と変わらずのKO宣言。
裏テーマは「昔のK-1への挑戦」
ケガで試合間隔が空いてしまったことで、昨年の大阪大会のリングでアピールしたようなプランに狂いが生じてしまったが、これについては「大きな目標は変わらない」とのこと。カード発表会見での村越の「自分が勝てばその試合は実現しない」という「那須川天心戦阻止」発言については「何とも思わなかった。僕は止められない。“勝ってから言えよ”という感じ。ああやって盛り上げてくれるのはいいんですが、そんなに簡単に言えることでもないと思うし、僕はそれのためにずっとやってきた。この試合をやったら分かるんじゃないですか」と意に介さない。
村越もかつて那須川と対戦経験があることから試合内容が比較されることは避けられないが「そういったこともモチベーションになっている。より早く、圧倒的なパフォーマンスで勝つ。それもいいアピールになるのかなと思う」などと話した。
また横浜アリーナ初進出については「僕も実際に見に行ったこともあるし、あの会場はK-1の聖地だと思う。そこでの大会を超満員にして、お客さんを熱狂させて、盛り上げて、最高の大会で締めくくりたい。今回の試合は僕の中で裏テーマがあって、それは“昔のK-1への挑戦”というもの。僕が最後にしっかりKOで勝って締めればそうなると思うので、実現させたい」と旧K-1の幻を払しょくするファイトを約束した。

www.tokyoheadline.com

This article is a sponsored article by
''.